つれづれ、北野坂探偵舎 1

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

ComicWalker
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年06月01日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
154
ISBN:
9784047305656

つれづれ、北野坂探偵舎 1

  • 著者 ヒノモト 円時
  • 原作 河野裕(角川文庫)
  • キャラクター原案 秀良子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年06月01日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
154
ISBN:
9784047305656

元編集者×作家のコンビが、物語を解き明かしていく――

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「つれづれ、北野坂探偵舎 1」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 原作既読。面白かった。 原作既読。面白かった。
    けい
    2015年06月27日
    4人がナイス!しています
  • 好きな小説のコミカライズなので購入―。ミステリ風味の小説。ポイントは、探偵役が小説家と元編集者のコンビであること。そして、この作品には、幽霊が確かなものとして登場するというところでしょうか。小説家と編 好きな小説のコミカライズなので購入―。ミステリ風味の小説。ポイントは、探偵役が小説家と元編集者のコンビであること。そして、この作品には、幽霊が確かなものとして登場するというところでしょうか。小説家と編集者が、物語を作るように、整合性を持たせて謎を解いていく流れが結構好きなんですよねー。まぁ、あとは原作の作者の文章が割と好みなので。そういう意味では絵が好みでなかったのはちょっと残念でした。 …続きを読む
    ちゃか
    2015年06月07日
    3人がナイス!しています
  • 小説が気になってたところにマンガ版発売。とっかかりとして購入。ミステリーテイストだけど、幽霊が絡んでてどこか非現実的。小説家と元編集者のやり取りが好き。 小説が気になってたところにマンガ版発売。とっかかりとして購入。ミステリーテイストだけど、幽霊が絡んでてどこか非現実的。小説家と元編集者のやり取りが好き。
    みゃむ
    2015年06月13日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品