犬が来る病院 命に向き合う子どもたちが教えてくれたこと

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年11月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
224
ISBN:
9784041035085

犬が来る病院 命に向き合う子どもたちが教えてくれたこと

  • 著者 大塚 敦子
  • 装画 酒井 駒子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年11月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
224
ISBN:
9784041035085

聖路加国際病院 小児病棟での感動の記録!

聖路加国際病院は、日本で初めて小児病棟にセラピー犬の訪問を受け入れた医療機関です。本書は、著者がそこにおよそ3年半にわたり取材した中で、出会った四人の忘れがたい子どもたちの生死を通して描いた感動のノンフィクションです。四人のうち二人は生還できましたが、二人は幼くして世を去りました。亡くなった子どもたちは、短い人生の最後の日々をどう生きたのか。また、退院した子どもたちは、小児病棟での日々から自分の人生に、どのような影響を受け今を生きているのか。入院中であっても、子どもたちが豊かな時間を過ごし、困難を乗り越えていけるように、医師や看護師、保育士、心理士、チャプレン(病院等で働く牧師)など数多くのスタッフたちで行われる取り組みについて、四人の子どもたちを通して描いた感動の記録。

もくじ

はじめに
第一章 子どもたちの生きる力を引き出す
セラピー犬が来る日/犬の訪問活動はどのように始まったか/子どもが子どもらしくいられるように/トータル・ケアを支える協働/きょうだい支援
第二章 出会い 
ちぃちゃんとの出会い/犬の来る病院へ/自分の内から出る笑い/信ちゃんと翔太くん/つばさ学級/ちぃちゃんの退院
第三章 闘いの日々
悦子さん/ちぃちゃん、再入院/友情を育む/どうして神様は二度も私を病気にしたの?/クリーンルームへ/骨髄移植
第四章 別れ
再々発/思い出作り/セイラの旅立ち/最期の日々/花が散った
第五章 最後まで豊かな時間を
信ちゃんと翔太くん、退院/危機/そらぷちキッズキャンプへ/新しい家族を迎える/信ちゃんの最期の日々
第六章 病を生きるということ
悦子さんの高校生活/整形外科での苦闘/暗いトンネルを抜けるまで
第七章 それぞれのその後
医師をめざして/いくつもの山を越えて/一人だったらがんばれなかった/悲嘆とどう折り合いをつけるか
おわりに―あとがきに代えて
小児がんの治療とトータル・ケア   細谷亮太(聖路加国際病院 顧問)


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「犬が来る病院 命に向き合う子どもたちが教えてくれたこと」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ちいちゃんは小学1年生で発病し、二年近く白血病と闘って天に召された。聖路加病院は、日本で初めて小児病棟にセラピー犬の訪問を受け入れた医療機関だという。子どもたちが子どもらしく成長し希望を持って生きられ ちいちゃんは小学1年生で発病し、二年近く白血病と闘って天に召された。聖路加病院は、日本で初めて小児病棟にセラピー犬の訪問を受け入れた医療機関だという。子どもたちが子どもらしく成長し希望を持って生きられるように、QOLを高める取り組みがなされている。一人ひとりの心に寄り添う手厚いトータルケア、「犬の来る病院」はまさに子どもたちの生きる力を引き出す。フォトジャーナリストの大塚敦子さんが撮影した、病床のちいちゃんのはじけるような笑顔。その一瞬の輝きを支えていける体制づくりが広がることを願わずにはいられない。 …続きを読む
    ちゃちゃ
    2017年06月22日
    71人がナイス!しています
  • 第63回読書感想文 高校生の部 課題図書。日本で初めて小児病棟にセラピー犬の訪問を受け入れた医療機関 聖路加国際病院。子どもと犬との微笑ましい触れ合いを描いた作品だと思って読み始めたのだけど、命の重み 第63回読書感想文 高校生の部 課題図書。日本で初めて小児病棟にセラピー犬の訪問を受け入れた医療機関 聖路加国際病院。子どもと犬との微笑ましい触れ合いを描いた作品だと思って読み始めたのだけど、命の重みや やるせない気持ちを噛み締めさせられる作品だった。多感な高校生たちなら更に伝わることや考えさせられることが多い作品だと思う。我が家の高校生にも読ませて、一緒に考えたいことがたくさんある。 …続きを読む
    itoko♪
    2017年07月15日
    65人がナイス!しています
  • 題名からてっきりセラピー犬の話だとばかり思っていたのに違っていました。セラピー犬がやってくる病院で病と闘う子供達のお話でした。病と闘っている子供達の方が早く大人になるようです。それだけ過酷な経験をして 題名からてっきりセラピー犬の話だとばかり思っていたのに違っていました。セラピー犬がやってくる病院で病と闘う子供達のお話でした。病と闘っている子供達の方が早く大人になるようです。それだけ過酷な経験をしているわけですね。病に打ち勝った子供達が、亡くなった子供達の事を思いながら、夢を叶える為に不安を抱えながらも歩いていこうとしている姿が眩しかったです。小児科は減りつつあります。でもこの病院のようにトータルケアをしてくれる所が増える事を願います。 …続きを読む
    瑪瑙(サードニックス)
    2017年02月08日
    49人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品