札差の用心棒 蔵闇師 飄六(一) 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2015年02月25日
商品形態:
電子書籍

札差の用心棒 蔵闇師 飄六(一)

  • 著者 藤堂 房良
  • イラスト ヤマモト マサアキ
発売日:
2015年02月25日
商品形態:
電子書籍

自在に曲がる得物〈竜〉を手に蔵闇師・瓢六が江戸の闇を駆ける!

父の死を契機に瓢六は実家の札差・簑島屋の店付き護衛『蔵闇師』として働き始めた。ある日、瓢六の弟・簑島屋伊兵衛の息子が誘拐され身代金を払い取り戻す事件が起きた。瓢六は誘拐犯を捕まえようと動きだすが……。
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「札差の用心棒 蔵闇師 飄六(一)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 蔵闇師 飄六「札差の用心棒」 1巻。裏社会で生きてきた瓢六、父の死の真相を探し仇討ちをするため表の世界へ、闇と表を行き来し(竜)を操り真相に迫るちょっと変わった筋書きですが面白い次巻が楽しみ。 蔵闇師 飄六「札差の用心棒」 1巻。裏社会で生きてきた瓢六、父の死の真相を探し仇討ちをするため表の世界へ、闇と表を行き来し(竜)を操り真相に迫るちょっと変わった筋書きですが面白い次巻が楽しみ。
    とし
    2019年11月07日
    87人がナイス!しています
  • 途中まで読んで、一旦間を空けてしまったから印象が薄くなってしまい、もったいないことをした。人物の造形やお話、文章も手堅くよく書けていて上々。一冊でまとまりを見せながらもシリーズとしての引きを作っている 途中まで読んで、一旦間を空けてしまったから印象が薄くなってしまい、もったいないことをした。人物の造形やお話、文章も手堅くよく書けていて上々。一冊でまとまりを見せながらもシリーズとしての引きを作っているのが、また上手い。 …続きを読む
    海猫
    2015年07月26日
    76人がナイス!しています
  • 初めて読む作家作品でした。そこそこ面白かった。二巻目 も読んでみたい小説です。 初めて読む作家作品でした。そこそこ面白かった。二巻目 も読んでみたい小説です。
    コニタン
    2017年06月28日
    7人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品