言って、イって ~官能作家育成中~ 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2014年10月15日
商品形態:
電子書籍

言って、イって ~官能作家育成中~

  • 著者 浅見 茉莉
  • イラスト 今野 さとみ
発売日:
2014年10月15日
商品形態:
電子書籍

ソソる官能小説の書き方、いっそ教えてヤりたいが――!?

中溝は官能小説編集者。あんまりにもウブな若手作家の恭司に“ソソる”官能小説を書かせるため、取った方法は「実地指導」!?

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「言って、イって ~官能作家育成中~」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • あの遊郭ものの作家さんでしたか。コミカルなテンポでした。攻め寄りの三人称単数の文体なのですが、どこから心の叫びで、どこから地の文かとこんがらがってきました。この未分化な系統って、昔の少女小説からの何か あの遊郭ものの作家さんでしたか。コミカルなテンポでした。攻め寄りの三人称単数の文体なのですが、どこから心の叫びで、どこから地の文かとこんがらがってきました。この未分化な系統って、昔の少女小説からの何かなのかな?違う作家さんもBLのコメディで同じような技法を使っていたので、気になります。官能小説のオレ様編集者×文芸デビューしたものの次作ができずに担当者に言われて官能小説に挑む新人作家。受けがDTで濡れ場がうまくいかずに、体を張って頑張るうちにできてしまったネタです。大人の玩具を使って頑張る受けが危険。 …続きを読む
    パラ野
    2014年12月14日
    33人がナイス!しています
  • これは楽しかった。文芸で書けなくなった若手作家の恭司に官能小説を書いてもらう事になり美人の同期への点数稼ぎに担当になった編集者の中溝視点で話が進むんだけれど、あまりにもウブでピュアなので書いてきたもの これは楽しかった。文芸で書けなくなった若手作家の恭司に官能小説を書いてもらう事になり美人の同期への点数稼ぎに担当になった編集者の中溝視点で話が進むんだけれど、あまりにもウブでピュアなので書いてきたものに厳しくダメ出ししたあたりから怪しい方向に行くのが笑える。正に題名通り育成するんだけれど自分の気持ちが変化してるのに気付くも相手はすべては書く為の行為としか感じられなくて悶々とする所も好きだなー 最後、エキスパートセットを仕分けするとか今後も振り回される感ありありなのがまたいい。その後の話ももっと読みたい。 …続きを読む
    とも*
    2014年10月19日
    24人がナイス!しています
  • ★★★★★。作家買い。浅見さんはファンタジーとか可愛い作品のイメージですが、このお話はエロ可愛かったです。タイトル通り官能小説家を育てる訳ですが、受けが斜め上をいく積極性の持ち主でノンケの攻めがいつの ★★★★★。作家買い。浅見さんはファンタジーとか可愛い作品のイメージですが、このお話はエロ可愛かったです。タイトル通り官能小説家を育てる訳ですが、受けが斜め上をいく積極性の持ち主でノンケの攻めがいつの間にか夢中になり…、って王道な展開なんですが文章が軽快でサクサク読めました。攻めが受けの天然のエロさに悶えているのに悶えました。明るく楽しいエロコメディで大満足です。 …続きを読む
    たべもも
    2014年10月14日
    23人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品