まぶしい庭へ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年07月04日
判型:
B5変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
64
ISBN:
9784040668000

まぶしい庭へ

  • 著者 エミリー・ディキンスン
  • 絵 ターシャ・テューダー
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年07月04日
判型:
B5変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
64
ISBN:
9784040668000

ターシャ・テューダーとE・ディキンスン、稀有な才能の二重奏

死後に見つかった多数の詩によって、”アメリカ文学史上の奇跡”と讃えられるエミリー・ディキンスン。生涯、自然を友とし、描いてきたターシャ・テューダー。二つの才能が出合い、世界の見えない扉が開いていく!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「まぶしい庭へ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 言葉に、絵に、自然があふれている。自然を慈しむ22編の詩集。優しい挿し絵とのマッチングが素敵♪私見だが、梨木香歩の世界と相通ずるものを感じた。 言葉に、絵に、自然があふれている。自然を慈しむ22編の詩集。優しい挿し絵とのマッチングが素敵♪私見だが、梨木香歩の世界と相通ずるものを感じた。
    紫 綺
    2017年09月03日
    119人がナイス!しています
  • 24年も前にアメリカで出版された『A Brighter Garden,1990』の邦訳。22編のエミリーの詩にターシャが想像の風景を描いた。「エミリーは言葉で詩を書き、ターシャは絵で詩を描く人だった。 24年も前にアメリカで出版された『A Brighter Garden,1990』の邦訳。22編のエミリーの詩にターシャが想像の風景を描いた。「エミリーは言葉で詩を書き、ターシャは絵で詩を描く人だった。」(セス・チューダー) 孤独な生涯を送ったエミリーと多彩な活躍をしたターシャ、二人の対照的な生涯を思いやる。 夏は「小川が笑い、風がいたずらする」、秋は「色づきやがて服を脱いでゆく丘」、冬は「はがねのほうき(雪と風)」、春は「小鳥たちの交響楽」、季節は永遠に移ろう。エミリーの心の中の風景の広大さに圧倒される。 …続きを読む
    yn1951jp
    2014年12月11日
    56人がナイス!しています
  • 好きな人の好きなものが私の好きなものに繋がっていたら。それはもう大興奮!本を取り落としそうになるくらいの衝撃!前よりもっともっと好きになる。少し近づけたようで嬉しい♪最近、大好きになったばかりの詩人エ 好きな人の好きなものが私の好きなものに繋がっていたら。それはもう大興奮!本を取り落としそうになるくらいの衝撃!前よりもっともっと好きになる。少し近づけたようで嬉しい♪最近、大好きになったばかりの詩人エミリー・ディキンスン。まさかターシャ・テューダーも敬愛していたなんて。この挿絵の風景も人も彼女の詩を即して想像で描いたもの。贅沢すぎて嘘みたい。最強のコラボ。憧れのような優しい眼差しが絵から伝わってくる。孤独だと言われた詩人。今は沢山の人々に愛され生きている。喜びの泉を持つまぶしい庭に穏やかな顔で立っている。 …続きを読む
    紅香
    2014年12月02日
    55人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品