ツッコミュニケーション 生活者を「相方」にするボケとツッコミの広告術

ツッコミュニケーション 生活者を「相方」にするボケとツッコミの広告術 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2013年04月10日
商品形態:
電子書籍

ツッコミュニケーション 生活者を「相方」にするボケとツッコミの広告術

  • 著者 タカハシ マコト
発売日:
2013年04月10日
商品形態:
電子書籍

あなたはまだ生活者を、客席に座って企業が伝えたい情報をただ受け取るだけの「観客」だと思っていませんか? 本書は生活者を会社や商品、ブランドの隣に立ち、リアルタイムでやり取りをする「相方」と捉えることから始まります。「お笑い」をヒントに企業が世の中に愛され受け入れられていくための「ツッコミュニケーション」を提案。

今、企業がコミュニケーションしている相手は「素人」ではありません。 当たり前だ? たしかに。ユーザーは、ときにマーケティング担当者やクリエイター以上に商品やブランドを愛し、「自分のもの」と思ってくれています。見方によっては、身銭を切って日々使っている彼らのほうこそ、その商品のプロと言ってもいいかもしれません。 でも、ここで言いたい「素人」とは、そういうことではありません。「面白さ」や「笑いのセンス」など広告表現において、つくり手が視聴者を素人扱いすることはもはやできない、という意味です。ちょっと大げさに言えば、企業の広告宣伝や広報は、1億2千万人のお笑い芸人=玄人を相手に「ネタ見せ」をしているような状況なのです。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ツッコミュニケーション 生活者を「相方」にするボケとツッコミの広告術」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 2015年12冊目。二年くらい前の本だけど、今でも通用すると思う。めちゃくちゃ面白かった。SNSアカウントを運用する人は絶対読むべき。広告は凄いというか、凄い広告というものがあるんだということを再認識 2015年12冊目。二年くらい前の本だけど、今でも通用すると思う。めちゃくちゃ面白かった。SNSアカウントを運用する人は絶対読むべき。広告は凄いというか、凄い広告というものがあるんだということを再認識した。 …続きを読む
    あとーす
    2015年04月11日
    1人がナイス!しています
  • この本をもとに世界を広げられる。お笑いに言及して話を進めているところが分かりやすく、面白かった。公私混同ではなく公私統合という考え方、これから役に立ちそうだと思いました。 この本をもとに世界を広げられる。お笑いに言及して話を進めているところが分かりやすく、面白かった。公私混同ではなく公私統合という考え方、これから役に立ちそうだと思いました。
    tomatopokets
    2013年11月25日
    0人がナイス!しています
  • 会話術かと早合点し、だから1章辺りかなり面白く読めた。広告の話か、と理解してからもそれなりに第一線の業界の話題として興味を持てたのだが、どうもネット世界は理解に苦しんでしまった。もうちっと一般向きに頼 会話術かと早合点し、だから1章辺りかなり面白く読めた。広告の話か、と理解してからもそれなりに第一線の業界の話題として興味を持てたのだが、どうもネット世界は理解に苦しんでしまった。もうちっと一般向きに頼むわ~、という自分はこの本を手に取る資格はないのかなぁ? …続きを読む
    たつ
    2013年07月28日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品