機動戦士ガンダムAGE(2) アウェイクン

機動戦士ガンダムAGE(2) アウェイクン 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2014年07月26日
商品形態:
電子書籍

機動戦士ガンダムAGE(2) アウェイクン

  • 著者 小太刀 右京
  • 原作 矢立 肇
  • 原作 富野 由悠季
発売日:
2014年07月26日
商品形態:
電子書籍

ガンダムファン激賞の小説版ガンダムAGE、第一部フリット編クライマックス!

ザラム対エウバの衝突を目の当たりにしたフリットは、人が繰り返す報復の連鎖とそれぞれの正義について思い悩む。そこに再び現れるUE(アンノウン・エネミー)。戦いの中でAGEシステムは〈タイタス〉〈スパロー〉という新たな進化の形をガンダムに示すのだった。そしてディーヴァ艦隊は中立コロニー・ミンスリーへ。意外な人物と再会したフリットは束の間の平穏を得るが、UEとの決戦の時は刻々と近づいていた……。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「機動戦士ガンダムAGE(2) アウェイクン」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 前巻に引き続き、アニメ以上のすばらしい出来映え。特にディケとエミリーの切なくも力強い描写が非常にいい味を出していて、それが終盤のフリットが二人に思いを預けるシーンにつながり、思わずウルッとくる展開へ・ 前巻に引き続き、アニメ以上のすばらしい出来映え。特にディケとエミリーの切なくも力強い描写が非常にいい味を出していて、それが終盤のフリットが二人に思いを預けるシーンにつながり、思わずウルッとくる展開へ・・・エミリーがフリットに告白したり、ユリンがなぜデシルに付いていったかを理由づけたり、そしてアニメでは単なる異能力扱いのXラウンダーが、人と人とが感じあえる可能性を持っていることを見せてくれたり、ラストバトルがめちゃくちゃ燃える展開だったり、と。。。アニメの展開じゃ納得できない全ての方に読んでもらいたい一冊。 …続きを読む
    舞人(maito)
    2012年04月05日
    7人がナイス!しています
  • ああ、これだと実感することしきり。子供らしからぬ天才フリットを年相応に戻してしまう少女ユリンの穏やかな好意、それを見ても矜恃を失わないエミリーの健気さ。その他諸々の積み重なりがあるからこそ後半の喪失と ああ、これだと実感することしきり。子供らしからぬ天才フリットを年相応に戻してしまう少女ユリンの穏やかな好意、それを見ても矜恃を失わないエミリーの健気さ。その他諸々の積み重なりがあるからこそ後半の喪失と決意が重くなる――ともかく「永遠に消えない共振」のくだりで目頭が熱くなりました。同時に、後の主人公の異様な憎悪の根っこが垣間見え複雑な気持ちにも。登場人物に感情移入させて読ませてくれる、気持ちのいいノベライズでした。 …続きを読む
    Kaitetsu
    2012年06月18日
    5人がナイス!しています
  • ユリンとのくだりはとてもよかったです。1stの真似かとも思いましたが、悲恋の意味合いが強調されるだけでなく、ヒロインの魅力が押し出されている分うまくもじってあると思います。フリットの今後の人生さえ左右 ユリンとのくだりはとてもよかったです。1stの真似かとも思いましたが、悲恋の意味合いが強調されるだけでなく、ヒロインの魅力が押し出されている分うまくもじってあると思います。フリットの今後の人生さえ左右する別れだけに印象に残りました。デシル戦も迫力満点で、他のガンダム作品と比べても恥ずかしくないほどの名シーンが展開されています。アニメの作画もこの挿絵みたいだったらと思わずにはいられません。 …続きを読む
    薄荷飴
    2013年03月24日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品