『狼と香辛料』で面白いほどわかるお金のしくみ

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年12月22日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
192
ISBN:
9784046002228

『狼と香辛料』で面白いほどわかるお金のしくみ

  • 著者 永濱 利廣
  • 原作 支倉 凍砂
  • イラスト 文倉 十
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年12月22日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
192
ISBN:
9784046002228

『狼と香辛料』のキャラクターと一緒にゼロから学べる貨幣経済のしくみ

累計400万部のベストセラー・ライトノベル『狼と香辛料』のキャラクターと一緒にゼロから学べる貨幣経済のしくみ。本作で登場した名シーンを織り交ぜながら、経済の基本である貨幣のしくみを解説します。

メディアミックス情報

NEWS

「『狼と香辛料』で面白いほどわかるお金のしくみ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 『狼と香辛料』ほとんど関係ないですね。ラノベやマンガとコラボした学習参考書のようなものですが,原作が生きてなくて表紙と図表の隅にキャラ絵が入っているだけのタイプです。大筋は中学・高校の社会レベルの経済 『狼と香辛料』ほとんど関係ないですね。ラノベやマンガとコラボした学習参考書のようなものですが,原作が生きてなくて表紙と図表の隅にキャラ絵が入っているだけのタイプです。大筋は中学・高校の社会レベルの経済を簡単に説明している無難な内容です。ただ時折,”低体温症”のようなものとか,お店の”持ち出し”になってしまいますとか,比喩や平たく言い直したつもりの表現の方が難しい部分があり,どうにも素人相手の解説経験が乏しい人が陥りやすいミスが目立つなぁと感じました。 …続きを読む
    空猫
    2017年07月11日
    15人がナイス!しています
  • 中にちょこちょこと狼と香辛料のイラストが描いてあったりするものの、内容的にはお金の仕組みに関する教科書のようなもの。お金、経済の仕組みに興味がある人向け。もう少し狼と香辛料の世界観があれば、お金、経済 中にちょこちょこと狼と香辛料のイラストが描いてあったりするものの、内容的にはお金の仕組みに関する教科書のようなもの。お金、経済の仕組みに興味がある人向け。もう少し狼と香辛料の世界観があれば、お金、経済に興味がない人でも楽しめると思った。私は興味がない側なので読むのに苦労した。 …続きを読む
    彩灯尋
    2015年04月28日
    6人がナイス!しています
  • 狼と香辛料要素は章ごとの本文の引用と要所に挿入されるSDイラスト程度。内容的には教科書みたいな感じ。 狼と香辛料要素は章ごとの本文の引用と要所に挿入されるSDイラスト程度。内容的には教科書みたいな感じ。
    でーたべーす
    2015年11月05日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品