証言記録 従軍慰安婦・看護婦

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年08月03日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784404037343

証言記録 従軍慰安婦・看護婦

  • 著者 広田 和子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年08月03日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784404037343

1970年代初頭、生存していた従軍慰安婦や看護婦たちに長時間インタビューを試み正確に活字化。体験者が語った貴重な戦場の実態。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「証言記録 従軍慰安婦・看護婦」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 読みながら、腹の立った本。中身にではない、著者にである。あとがきを読んでさらに胸糞が悪くなった。著者の戦時下の経験については、何も言うつもりはない。トラウマになったことは容易に推測できるし、そのような 読みながら、腹の立った本。中身にではない、著者にである。あとがきを読んでさらに胸糞が悪くなった。著者の戦時下の経験については、何も言うつもりはない。トラウマになったことは容易に推測できるし、そのようなことがこのような本を出版し、日本の戦争についての記事の取材を続け、スクープを取る原動力になったというのも理解できる。また、これだけ膨大な量のインタビューを行い、それをまとめたというのも相当な労力を費やされたのもわかる。が、あとがきに「私の主観的にまとめられたものである」と書きながら、「書くことがジャーナリズム …続きを読む
    katerinarosa
    2016年02月28日
    5人がナイス!しています
  • まとめ・あとがきまで読んでこその1冊。45年前の筆者の言葉に、ある意味での新鮮さすら感じてしまう。読後にはきっと「戦争は怖いね」以外の感想がうまれるであろう本です まとめ・あとがきまで読んでこその1冊。45年前の筆者の言葉に、ある意味での新鮮さすら感じてしまう。読後にはきっと「戦争は怖いね」以外の感想がうまれるであろう本です
    あり
    2010年05月22日
    4人がナイス!しています
  • 「このレポートは、私が大変主観的にまとめたものであることをお断りしておきたい。もちろん取材はできる限り綿密にしたつもりだし、談話を歪曲するなどは全くしていない」……そう、証言自体は歪曲していない。しか 「このレポートは、私が大変主観的にまとめたものであることをお断りしておきたい。もちろん取材はできる限り綿密にしたつもりだし、談話を歪曲するなどは全くしていない」……そう、証言自体は歪曲していない。しかし、その証言についての著者のコメントがひどく歪み曲がっているのだ。更に言うと、折角の貴重な証言なのに”まとめ”のハレーションで印象が薄まっている。即ち、証言が脇役になり著者の主張が主役になってしまっているのだ。なるほど証言者と信頼関係が結べなかったのも頷ける。著者のご託宣は読み飛ばし、証言のみ拾い読みすべし。 …続きを読む
    うたまる
    2017年11月12日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品