九井諒子作品集 竜のかわいい七つの子

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年10月15日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
256
ISBN:
9784047284081

九井諒子作品集 竜のかわいい七つの子

  • 著者 九井 諒子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年10月15日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
256
ISBN:
9784047284081

見たこともない物語のはじまり、はじまり

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「九井諒子作品集 竜のかわいい七つの子」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 龍に関わる話など色んな世界観があって面白く読めた。こういう世界観をもっと観てみたい。普通に病気の話が始まった時は別の話をしてるのかな?と驚いたし、本当にある病気だとしばらく思ってたほど信じた。 龍に関わる話など色んな世界観があって面白く読めた。こういう世界観をもっと観てみたい。普通に病気の話が始まった時は別の話をしてるのかな?と驚いたし、本当にある病気だとしばらく思ってたほど信じた。
    mitei
    2017年06月10日
    406人がナイス!しています
  • 九井諒子さんの世界観は他に類を見ないほど斬新だ。短編を7話収録。特に「人魚禁漁区」、「金なし白祿」、「子がかわいいと竜は鳴く」、「犬谷家の人々」がお気に入り。途中で展開に焦るも、ラストがクスリと笑える 九井諒子さんの世界観は他に類を見ないほど斬新だ。短編を7話収録。特に「人魚禁漁区」、「金なし白祿」、「子がかわいいと竜は鳴く」、「犬谷家の人々」がお気に入り。途中で展開に焦るも、ラストがクスリと笑える内容で良い。繰り返し読むと新たな発見があると思える作品。九井諒子さんはどこからアイディアを紡ぎ出すのか。「犬谷家の人々」で、その超能力は使わないだろうと思わせて、しっかりとオチに繋げる。月並みな表現ですが面白く興味深い作品。読めば読むほど味がでる。ダンジョン飯のヒットも納得。次は「竜の学校は山の上」を読もう。 …続きを読む
    yoshida
    2016年12月25日
    281人がナイス!しています
  • 「ダンジョン飯」の九井諒子先生の短編集。一つ一つの物語で画風を変えており、バリエーション豊かで飽きさせない。日常の中にうまくファンタジーを取り込むその話力もなかなかのもの。他の短編集も読んでみたくなっ 「ダンジョン飯」の九井諒子先生の短編集。一つ一つの物語で画風を変えており、バリエーション豊かで飽きさせない。日常の中にうまくファンタジーを取り込むその話力もなかなかのもの。他の短編集も読んでみたくなった。★★★★☆ …続きを読む
    Die-Go
    2016年08月14日
    151人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品