角川ソフィア文庫

自殺について

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年06月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784044086077
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川ソフィア文庫

自殺について

  • 著者 ショーペンハウエル
  • 訳者 石井 立
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年06月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784044086077

自殺(死)について客観的に、ありのままを記した偉大な哲学書を読む!

誰もが逃れられない、死(自殺)について深く考察し、そこから生きることの意欲、善人と悪人との差異、人生についての本質へと迫る! 意思に翻弄される現代人へ、死という永遠の謎を解く鍵をもたらす名著。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「自殺について」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • まあ、すごいな~圧巻の一言。ショウペンハウエルは「仏教」と本質的に通じる感性を持っている点、意志という執着の放棄、この世の四苦八苦、生まれてきたこと自体が罰。という考え方が逆になじみやすい。悲観論がこ まあ、すごいな~圧巻の一言。ショウペンハウエルは「仏教」と本質的に通じる感性を持っている点、意志という執着の放棄、この世の四苦八苦、生まれてきたこと自体が罰。という考え方が逆になじみやすい。悲観論がここまで昇華されると逆に人生を達観できてしまうのがこの考え方に生への情熱を捨て諦めることから見えてくる新たな地平への不思議な洞察と可能性を感じさせてくれる威力を持つ。 …続きを読む
    みゃーこ
    2015年07月12日
    55人がナイス!しています
  • ドイツの哲学者 アルトゥル・ショーペンハウアーの論文集。彼の代表作\意志と表象としての世界\は哲学に興味を持つと一度は通る道ではないでしょうか。本作は、死について考察を行っており、前半が\パレルガ・ウ ドイツの哲学者 アルトゥル・ショーペンハウアーの論文集。彼の代表作\意志と表象としての世界\は哲学に興味を持つと一度は通る道ではないでしょうか。本作は、死について考察を行っており、前半が\パレルガ・ウント・パラリポメナ\から5編、後半が\ノイエ・パラリポメナ\から5編を収録しています。哲学の本は作者の思想の一端を掴むまでがとにかく苦行になりがちですが、本作は巻末の解説が丁寧なので読みやすいかと思います。キリスト教的な西洋の考え方というよりも仏教やヒンズー教などの東洋の考え方を重視しているように感じました。 …続きを読む
    いりあ
    2014年08月28日
    20人がナイス!しています
  • 解説が親切。要再読。 解説が親切。要再読。
    K(日和)
    2014年08月12日
    18人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品