学校の音を聞くと懐かしくて死にたくなる

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年10月01日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
240
ISBN:
9784047283282
ニコカド祭り2020

学校の音を聞くと懐かしくて死にたくなる

  • 著者 せきしろ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年10月01日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
240
ISBN:
9784047283282

郷愁と哀愁。後悔と未練。 鬼才、せきしろが紡ぐ短編ライトノベル集。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「学校の音を聞くと懐かしくて死にたくなる」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 遠い昔の学生時代を懐かしく思いだす短編集。 遠い昔の学生時代を懐かしく思いだす短編集。
    14番目の月
    2020年08月26日
    39人がナイス!しています
  • 又吉さんや西加奈子さんとの共著は読んだ事がありますが、せきしろさん著は初めてかな。普段本を読まない子供が「校庭に犬が~」を読んで、声を出して笑っていた。 又吉さんや西加奈子さんとの共著は読んだ事がありますが、せきしろさん著は初めてかな。普段本を読まない子供が「校庭に犬が~」を読んで、声を出して笑っていた。
    ゆにこ
    2014年05月14日
    39人がナイス!しています
  • 表紙の作りが面白い(*^^*)学校や学生をテーマにしたショートストーリー🏫キュンと甘酸っぱい物、ほっこりと心暖まるもの、寂しさを感じるものなど色々と詰め込まれて…学生って特別な世界で生きてると感じま 表紙の作りが面白い(*^^*)学校や学生をテーマにしたショートストーリー🏫キュンと甘酸っぱい物、ほっこりと心暖まるもの、寂しさを感じるものなど色々と詰め込まれて…学生って特別な世界で生きてると感じました(*^.^*) …続きを読む
    寂しがり屋の狼さん
    2020年05月31日
    24人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品