トリニティ・ブラッド 第12巻 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2011年06月10日
商品形態:
電子書籍

トリニティ・ブラッド 第12巻

  • 作画 九条 キヨ
  • 原作 吉田 直
  • キャラクター原案 THORES柴本
発売日:
2011年06月10日
商品形態:
電子書籍

ありがとう、我が友よ…あたしは「聖女」になるわ

「聖女の烙印」編クライマックス! 陰謀が暴かれたダヌンツィオ大司教はエステルとシェラに銃を向ける。激闘の末倒れたシェラとの約束を守るため、エステルは「聖女」になる決意を…。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「トリニティ・ブラッド 第12巻」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 友達でもあった短生種を殺したくないと言っていたシェラが家族を殺された上に死後も冒涜され、その言葉を反してしまったことが哀しくて辛くて遣る瀬無い。どうして彼女みたいな人がこんな目に合わなければならないだ 友達でもあった短生種を殺したくないと言っていたシェラが家族を殺された上に死後も冒涜され、その言葉を反してしまったことが哀しくて辛くて遣る瀬無い。どうして彼女みたいな人がこんな目に合わなければならないだろうか?だからこそ、「味方でいてくれる?」と尋ねたかったエステルから「魔女として火炙りにされても友達だ」と聞いた時のシェラの笑顔が辛くて切なくて。そしてエステルはシェラや出逢ってきた者達の意志を受け継いで茨の道を進むこととなる。最早、紡がれない軌跡。それでもこの物語は心に残り、その軌跡は終わることはない。 …続きを読む
    藤月はな(灯れ松明の火)
    2013年08月20日
    13人がナイス!しています
  • 12冊目。ひとまずここまで一気読み。なかなか壮大な物語で若干読み飛ばし気味だったのだが、長生種に魅力的なキャラが多すぎで、短生種に胡散臭いのが多すぎ(笑)。職務に忠実なトレスはともかく、アベル&エステ 12冊目。ひとまずここまで一気読み。なかなか壮大な物語で若干読み飛ばし気味だったのだが、長生種に魅力的なキャラが多すぎで、短生種に胡散臭いのが多すぎ(笑)。職務に忠実なトレスはともかく、アベル&エステルだけがマトモに見えてしまう。ということで続きの前に原作を探すたびに出よう。。 …続きを読む
    akogoma@灯れ松明の火@SR推進委員会
    2013年02月20日
    3人がナイス!しています
  • 本屋さん回ってもずーっと売ってなくて通販を検討し始めたら発見(w。まぁそんなもんよね。シエラがー。がー。エステルとシエラの悲しい誓いの場面で思わずグッと着てしまった。茨の道を選んだエステルの前途が明る 本屋さん回ってもずーっと売ってなくて通販を検討し始めたら発見(w。まぁそんなもんよね。シエラがー。がー。エステルとシエラの悲しい誓いの場面で思わずグッと着てしまった。茨の道を選んだエステルの前途が明るくあらんことを祈りたい。・・・でもそうもいかないんだろうなぁ。次巻も楽しみ。 …続きを読む
    雨宮かなん
    2010年01月06日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品