小説 プリキュアオールスターズ NewStage みらいのともだち

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年03月19日
判型:
新書判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784046312334

小説 プリキュアオールスターズ NewStage みらいのともだち

  • 原作 東堂 いづみ
  • 作 成田 良美
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年03月19日
判型:
新書判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784046312334

オールスターズ、新たなるステージへ――大人気プリキュア映画が小説に!

ひとりぼっちの転校生・あゆみは、学校帰りに謎の生き物・フーちゃんと出会う。大の仲良しになったふたりだけど、それが大事件をひきおこすことに…!? 28人のプリキュアが大集合!! みんなの力で奇跡を起こす

メディアミックス情報

NEWS

「小説 プリキュアオールスターズ NewStage みらいのともだち」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 4歳の娘がいま一番ハマっているプリキュア・シリーズの、2012年に公開された映画版をノベライズ化した一冊。夜な夜な声色を変えて「プリキュア・スマイルチャーージ」と読み聞かせていたのに、本書をねだった娘 4歳の娘がいま一番ハマっているプリキュア・シリーズの、2012年に公開された映画版をノベライズ化した一冊。夜な夜な声色を変えて「プリキュア・スマイルチャーージ」と読み聞かせていたのに、本書をねだった娘はイラストが少ないところがお気に召さず、ちょっと早かったみたい。しかし、友人関係に悩む女子中学生の姿を通して、本当に大切な友達との関係はどうあるべきかや、思いを言葉にして伝えることの大切さがまっすぐに描かれており、そのピュアな感じに心洗われる思いがした。映画版なら娘も楽しめるかもしれないので一緒に見てみたい。 …続きを読む
    みのゆかパパ@ぼちぼち読んでます
    2013年01月07日
    19人がナイス!しています
  • 映画まんまなノベライズ。もちろん子ども向きな本なので、字は大きくて大半はひらがな、漢字はあっても振り仮名がふってある。児童書レーベルということもあり、一文一文はラノベ以上に短く簡単な感じ。それでも成田 映画まんまなノベライズ。もちろん子ども向きな本なので、字は大きくて大半はひらがな、漢字はあっても振り仮名がふってある。児童書レーベルということもあり、一文一文はラノベ以上に短く簡単な感じ。それでも成田さんの豊かな語彙力で描写は抜群だし、子ども読むものでも手を抜かずに、多少難しい言葉を使っているのも好感が持てる。子どもでも分かる単語選びとそれでも使うべき言葉と難しくてもそのシーンはこの言葉しかない、その狭間で揺れる単語選びの苦悩も伝わってくる。映画とは同じ内容でも、また違ったプリキュア魂を感じられる。 …続きを読む
    はるにゃん
    2012年12月23日
    3人がナイス!しています
  • 今回のオールスターズは先輩プリキュアから新シリーズへの引継ぎと同時に主人公・あゆみの成長の物語になっているので、去年のDX3より小説向きな作品だと思う 実際あゆみの心情が細かく描写されていて感情移入も 今回のオールスターズは先輩プリキュアから新シリーズへの引継ぎと同時に主人公・あゆみの成長の物語になっているので、去年のDX3より小説向きな作品だと思う 実際あゆみの心情が細かく描写されていて感情移入もしやすかった また劇中では語られなかった「エコー」の由来もちゃんと書かれているなど、いい補完になっている 地の文でスマイルパクトのボイスを「天の声」としていたり、マリンを「海のようにおおらか」と表現しているのもおもしろい ただ、せっかく小説なのだから、映画では台詞のなかった面々にももっとしゃべらせてほしかった …続きを読む
    もっち
    2012年03月24日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品