試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年08月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
624
ISBN:
9784044010072

一茶句集 現代語訳付き

  • 著者 小林 一茶
  • 訳注 玉城 司
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年08月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
624
ISBN:
9784044010072

季語別に千句を厳選。実作に役立つ決定版!

波瀾万丈の生涯を一俳人として生きた一茶。自選句集や紀行、日記等に遺された二万余の発句から千句を厳選し配列。慈愛やユーモアの心をもち、森羅万象に呼びかける一茶の句を実作にも役立つ季語別で味わう。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「一茶句集 現代語訳付き」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 解説付き季語別に千首。「我と来て遊べや親のない雀」など動植物への労りの視点、「ぼた餅や地蔵のひざも春の風」などぬくもりのあるユーモアは句に親しませてくれる。一方で「衣替えて居てみてもひとりかな」「露の 解説付き季語別に千首。「我と来て遊べや親のない雀」など動植物への労りの視点、「ぼた餅や地蔵のひざも春の風」などぬくもりのあるユーモアは句に親しませてくれる。一方で「衣替えて居てみてもひとりかな」「露の世ハ露の世ながらさりながら」など子供たちを幼くして失った悲しみが全編濃厚。 …続きを読む
    shou
    2015年01月25日
    4人がナイス!しています
  • 久々に読んだ。『我ときて遊べや親のない雀』が昔から好き。最初はのどかな光景を詠んだ歌だとしか思わなかったけれど、幼い頃に母親を失った一茶が自分の孤独を雀に重ね合わせてこれを読んだ瞬間に何を考えていたの 久々に読んだ。『我ときて遊べや親のない雀』が昔から好き。最初はのどかな光景を詠んだ歌だとしか思わなかったけれど、幼い頃に母親を失った一茶が自分の孤独を雀に重ね合わせてこれを読んだ瞬間に何を考えていたのかと想像すると悲しい。地元が長野なので今度帰省したら一茶の残した足跡を見てこよう。 …続きを読む
    テツ
    2014年01月08日
    3人がナイス!しています
  • 何遍も読みたい、そんな本です。 何遍も読みたい、そんな本です。
    双海(ふたみ)
    2013年08月27日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品