新訳 飛ぶ教室

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年09月13日
判型:
新書判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784046311993

新訳 飛ぶ教室

  • 作 エーリヒ・ケストナー
  • 訳者 那須田 淳
  • 訳者 木本 栄
  • 絵 patty
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年09月13日
判型:
新書判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784046311993

なやみをうちあけられる人はいますか?絵60点、世界中がわらい泣いた名作

子どもの涙がおとなの涙より小さいなんてことはない。寄宿学校でくらす優等生マーティン、すて子のジョニー、けんかの強いマチアス、弱虫ウリー、皮肉なセバスチャンらの友情をえがく、クリスマスの名作。絵60点。

メディアミックス情報

NEWS

「新訳 飛ぶ教室」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 新訳で読みたかったので、角川つばさ文庫を選びました。適度にくだけた文章で読みやすかったです。『ふたりのロッテ』が子どもの頃大好きでしたが、『飛ぶ教室』は初読みになります。本作は、キャラクター全員が魅力 新訳で読みたかったので、角川つばさ文庫を選びました。適度にくだけた文章で読みやすかったです。『ふたりのロッテ』が子どもの頃大好きでしたが、『飛ぶ教室』は初読みになります。本作は、キャラクター全員が魅力的かつ個性的で、ケストナーの心温まる文章も素晴らしかったです。クラスメイト同士の友情もさることながら、正義先生と禁煙さんの厚い友情に涙が出そうになりました。そして感動のラスト。雪の降るクリスマスの情景が思い浮かびました。この作品は大好きな本の一つになったので、また12月が来たら読み返したいと思います。 …続きを読む
    雨音@灯れ松明の火
    2014年12月07日
    35人がナイス!しています
  • 図書館本。教科書に紹介されていてずっと前から気になっていた本です。クリスマスのわくわくドキドキふわふわキラキラした雰囲気や気持ちが文章や挿し絵からとっても伝わってきました!この本はもう一度、クリスマス 図書館本。教科書に紹介されていてずっと前から気になっていた本です。クリスマスのわくわくドキドキふわふわキラキラした雰囲気や気持ちが文章や挿し絵からとっても伝わってきました!この本はもう一度、クリスマス前に読みたいな…すごく面白かったです!! …続きを読む
    レたス
    2017年09月21日
    23人がナイス!しています
  • 「子どもの涙がおとなの涙より小さいなんてことはない」ケストナーは大人になってもこどもの心を想うことが出来る人間だったってのがこれだけで解る。毎年クリスマス間近になると読み返す飛ぶ教室がこんなライトな表 「子どもの涙がおとなの涙より小さいなんてことはない」ケストナーは大人になってもこどもの心を想うことが出来る人間だったってのがこれだけで解る。毎年クリスマス間近になると読み返す飛ぶ教室がこんなライトな表紙に。ギムナジウムでの少年たちの生活。それぞれの抱く夢や小さな絶望。彼らを見守る優しい大人たち。ありとあらゆる全てをクリスマスは癒し励まし祝福してくれる。現実世界では必ずしもそうではないからさ。せめて物語の中だけではこどもたち全てに祝福を。 …続きを読む
    テツ
    2017年12月04日
    19人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品