どうして僕はこんなところに

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年06月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
528
ISBN:
9784041000298

どうして僕はこんなところに

  • 著者 ブルース・チャトウィン
  • 訳者 池 央耿
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年06月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
528
ISBN:
9784041000298

天才紀行作家の自選短編集、待望の文庫化。

旅を愛し、特異な眼差しで世界を凝視しつづけた永遠の旅人ブルース・チャトウィン。類まれなる紀行作家だった夭逝の天才が、旅の果てにくずおれる前に遺した、最初で最後の自選作品集。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「どうして僕はこんなところに」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 旅の中に生き旅の中で病のために朽ちた作家による自選作品集。亡くなったその年に書かれた作品も収められているから、闘病の最中に書かれ編まれた作品である。自らの死を覚悟しながら為されたものかどうかはわからな 旅の中に生き旅の中で病のために朽ちた作家による自選作品集。亡くなったその年に書かれた作品も収められているから、闘病の最中に書かれ編まれた作品である。自らの死を覚悟しながら為されたものかどうかはわからないが、死の間際に為された自らの紀行の回想とも呼べる編集作業を考えると胸が詰まる。これは唯の紀行文集ではない。チャトウィン自らが語る様に、ある種の民族、そして旅の中に生きる人間は、移動することそれ自体にカタルシスを見出す。闘病の中で移動することを奪われたチャトウィンは編成作業の中にカタルシスを求めたのであろう。 …続きを読む
    長谷川透
    2013年06月05日
    29人がナイス!しています
  • 生涯の旅人であったチャトウィン晩年の文章をまとめたもの。思うにこの人のまなざしには、いわゆるフィルターのようなものが存在しなかったのではなかろうか。そんな気がする。エッセイとも小説ともつかぬ、スタイル 生涯の旅人であったチャトウィン晩年の文章をまとめたもの。思うにこの人のまなざしには、いわゆるフィルターのようなものが存在しなかったのではなかろうか。そんな気がする。エッセイとも小説ともつかぬ、スタイルに束縛されない、自由闊達な文章は、チャトウィンの生き方をそのまま体現しているかのようであり、異国の景色や人びととの出会い、友人との交流を、さりげない筆致で生き生きとすくいあげている。長篇『ウィダの総督』の元ネタになったダオメー(現ベナン共和国)滞在を描いた文章が特に印象深かったので、そちらも是非読んでみたい。 …続きを読む
    三柴ゆよし
    2012年07月08日
    24人がナイス!しています
  • ブルース・チャトウィンの名は、以前より知ってはいたものの、その作品を読むのははじめて。あとがきによると、本書は死を前にして遺した最初で最後の自選作品集であるそうだが、そうとは思えないほど語り口は落ち着 ブルース・チャトウィンの名は、以前より知ってはいたものの、その作品を読むのははじめて。あとがきによると、本書は死を前にして遺した最初で最後の自選作品集であるそうだが、そうとは思えないほど語り口は落ち着いている。知識に裏打ちされた軽やかな筆致は、旅することで出会ったその土地土地に眠る謎や真実、暗い過去をしっかり捉えようとする強い意志と鋭い眼差しを感じさせ、読むものに終始息つく暇すら与えてはくれない。おそらくここに描かれていることは、彼が体験したことのほんの一部にすぎないだろう。(続) …続きを読む
    つーさま
    2013年07月06日
    16人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品