多重人格探偵サイコ (16)

ドラマ化作品|舞台化作品|ノベライズ化作品

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

ComicWalker
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年11月01日
判型:
B6変形判
商品形態:
コミック
ページ数:
180
ISBN:
9784047158177

ドラマ化作品|舞台化作品|ノベライズ化作品

多重人格探偵サイコ (16)

  • 著者 田島 昭宇
  • 原作 大塚 英志
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年11月01日
判型:
B6変形判
商品形態:
コミック
ページ数:
180
ISBN:
9784047158177

雨宮の”スペア”発見!?”魂”のサルベージは出来るのか?

伊園若女が差し向けたヒットマンをかわし、犬彦とともに虎口を脱した弖虎。笹山からもたらされた「雨宮のスペア」の存在を探し、東京をあとにするが…!?大ヒットサスペンス、いよいよクライマックス!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「多重人格探偵サイコ (16)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 雨宮一彦という人格のスペアの登場とあまりに雨宮にそっくりなのにまた、人一人の人格を破壊してしまった一巻のような事件が起きるのじゃないかという危惧がしてなりません。そして、てうのあまりにもありえない生命 雨宮一彦という人格のスペアの登場とあまりに雨宮にそっくりなのにまた、人一人の人格を破壊してしまった一巻のような事件が起きるのじゃないかという危惧がしてなりません。そして、てうのあまりにもありえない生命力にぞっとしますT-T雨宮の人格を取り込んでから人間の感情や優しさ、人を想う気持ちを育みつつある弖虎が愛おしくてなりません。小説を読んだ者としてはスペアの名に驚かされました。清水翁が仄めかしていたのに若女と彼の意外な関係性も気づきませんでした><こんなに展開が読めない漫画はめったにないですね。 …続きを読む
    藤月はな(灯れ松明の火)
    2011年11月04日
    24人がナイス!しています
  • 犬彦が⁉みんな何かしら関係してくるんだなぁ…。あと何巻で終わるんだろ? 犬彦が⁉みんな何かしら関係してくるんだなぁ…。あと何巻で終わるんだろ?
    月子
    2013年10月22日
    18人がナイス!しています
  • もうもうもうー。今日、妹と話していたんだけどもバーコード殺人とかやってた頃が懐かしいね!! 若女が怖いっ。 もうもうもうー。今日、妹と話していたんだけどもバーコード殺人とかやってた頃が懐かしいね!! 若女が怖いっ。
    いいの
    2011年11月03日
    7人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品