歌集 サリンジャーは死んでしまった

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年07月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
190
ISBN:
9784046524775

歌集 サリンジャーは死んでしまった

  • 著者 小島 なお
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年07月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
190
ISBN:
9784046524775

『乱反射』から4年。待望の第2歌集。

大学生から社会人となり、一人暮らしをはじめるまでの4年間の成長の軌跡が、豊かで透明なことばで表現される。みずみずしい感性が深化し、歌人としてさらなる輝きをみせる第2歌集!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「歌集 サリンジャーは死んでしまった」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 歌人の20歳から24歳までの作品が収められている。大学卒業、就職、恋愛、そして失恋、老いてゆく家族のこと、この年頃は正体不明の憂鬱に誰しも悩むものなのだろうか。好きな歌を数首書き留めようと思ったけれど 歌人の20歳から24歳までの作品が収められている。大学卒業、就職、恋愛、そして失恋、老いてゆく家族のこと、この年頃は正体不明の憂鬱に誰しも悩むものなのだろうか。好きな歌を数首書き留めようと思ったけれど、沢山ありすぎて選べないくらいで。卒業して働いて大人になっていくということは、時間が有限であることを少しずつ知らされてゆくことなのだろう。いずれ失ってしまうという意識を持ちながら見渡す世界は、どの季節もどうしようもなく鮮やかで胸を締め付けられる。青春の光と痛み、そんな第二歌集だった。 …続きを読む
    テトラ
    2017年04月29日
    30人がナイス!しています
  • 歌集はめったに読まないけど手にとってすぐにひきこまれました。高校生歌人として知られていた著者の第二歌集。仕事のこと、家族のこと、日常的なことを扱っていてもぐっと一本つきささる視点がありドキっとするとと 歌集はめったに読まないけど手にとってすぐにひきこまれました。高校生歌人として知られていた著者の第二歌集。仕事のこと、家族のこと、日常的なことを扱っていてもぐっと一本つきささる視点がありドキっとするとともに考えさせられる歌が多かったです。帯にもなっている歌 「君との恋終わりプールに泳ぎおり十メートル地点で悲しみがくる」 五mでも二十メートルでもダメで、十メートルっていうのが絶妙。「遺伝子学の教科書」の歌、深くてどこか優しい・・・ …続きを読む
    Masakazu Kawamoto
    2013年03月10日
    6人がナイス!しています
  • 強烈ではない。夏の透き通っていく空気のような中に、ふわふわとした憂鬱が存在している。AというBという直喩が多い気がする。「鳩がふと飛び立ってゆくこの瞬間をこの幸福をいつか忘れる」「満員の電車に潰され吐 強烈ではない。夏の透き通っていく空気のような中に、ふわふわとした憂鬱が存在している。AというBという直喩が多い気がする。「鳩がふと飛び立ってゆくこの瞬間をこの幸福をいつか忘れる」「満員の電車に潰され吐き出されほんとうにもう疲れてしまった」のような素直なものや、「夕暮れ」のようなコンセプチュアルな連作が好みだった。 …続きを読む
    かみしの
    2017年06月16日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品