試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年02月13日
判型:
新書判
商品形態:
文庫
ページ数:
192
ISBN:
9784046312211

ぼくは戦場カメラマン

  • 著者 渡部 陽一
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年02月13日
判型:
新書判
商品形態:
文庫
ページ数:
192
ISBN:
9784046312211

戦場取材で一番大切なことは「生きて帰ること」

僕は戦争や災害がおこると、その国へかけつけます。そこの人々が何を考え、何に困っているのか。自分で確かめ、みんなに伝えたいのです。どんなにつらく悲しい現実でも、シャッターを切り続ける。それが僕の仕事です

メディアミックス情報

NEWS

「ぼくは戦場カメラマン」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 《私‐図書館》渡部さんの命懸けの写真やリポートをもっと見たくなりました。 《私‐図書館》渡部さんの命懸けの写真やリポートをもっと見たくなりました。
    コロナウィルスに怯える雨巫女。
    2012年04月01日
    10人がナイス!しています
  • 3.5 20歳から初志貫徹で、戦場カメラマンを続けている著者はすごい。写真が売れるようになるまで、港でバナナ運びをしてバイト料がたまると戦場へ行ったとか。 3.5 20歳から初志貫徹で、戦場カメラマンを続けている著者はすごい。写真が売れるようになるまで、港でバナナ運びをしてバイト料がたまると戦場へ行ったとか。
    kinoko_kinako
    2016年08月20日
    8人がナイス!しています
  • 独特の語調で人気の戦場カメラマン・渡部陽一さんの体験を綴ったノンフィクション。テレビで見るイメージ像を頭に抱いていると大きな衝撃を受けるだろう。資料として「戦争・紛争」を取り扱った図書とは違い、戦場カ 独特の語調で人気の戦場カメラマン・渡部陽一さんの体験を綴ったノンフィクション。テレビで見るイメージ像を頭に抱いていると大きな衝撃を受けるだろう。資料として「戦争・紛争」を取り扱った図書とは違い、戦場カメラマンとしての渡部さんの生の「主観」によって世界の戦争が「現実」として感じられる。ノンフィクションの読み物としてだけでなく、戦争と平和の学習においても良い資料になってくれるだろう。小中学生に限らす、高校、大学、そして大人にも読んで欲しい一冊。オススメです。 …続きを読む
    千冬
    2012年02月15日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品