試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784042179139

丘の家のジェーン

  • 著者 モンゴメリ
  • 訳者 木村 由利子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784042179139

死んだと思っていた父親が生きていたなんて……。決定版新訳!

裕福だが厳格な祖母と美しい母と共に重苦しい生活を送るジェーン。ある日突然、死んだと思っていた父親が現れ、暗い都会から光に満ちあふれたプリンスエドワード島を訪れることに。温かな愛に包まれる物語。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「丘の家のジェーン」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 愛の物語に胸を打たれます。最初は暗さが見えたものの、すぐに明るい世界が顔を出してきました。死んだと思っていた父親に会うためにプリンス・エドワード島に訪れるジェーン。そこから広がる輝く世界。沢山の自然に 愛の物語に胸を打たれます。最初は暗さが見えたものの、すぐに明るい世界が顔を出してきました。死んだと思っていた父親に会うためにプリンス・エドワード島に訪れるジェーン。そこから広がる輝く世界。沢山の自然に囲まれ、色々な人との出会いがジェーンの心を輝かせて生き生きとした姿にしていくのが愛おしくてたまりませんでした。気持ちが輝くような魔法がプリンス・エドワード島にはあるような気がします。だからこそジェーンは本来の魅力を取り戻していったとも言えるでしょう。まさに魔法のような物語です。 …続きを読む
    優希
    2016年06月28日
    89人がナイス!しています
  • 手放しで大好きな一冊。私にとって、ささやかにまたたく星々を一つ一つ拾い集めていって、ぴかぴかの銀色の月に辿り着くような物語だ。祖母の圧迫から解放され、心の望むままに人を愛し生を謳歌するジェーンを象徴す 手放しで大好きな一冊。私にとって、ささやかにまたたく星々を一つ一つ拾い集めていって、ぴかぴかの銀色の月に辿り着くような物語だ。祖母の圧迫から解放され、心の望むままに人を愛し生を謳歌するジェーンを象徴するような、ランタン丘の冴え冴えとした朝。幸せだった今日が終わっても、また幸せな明日が訪れるというのはどれほど素敵なことだろう。魔法で溢れたプリンス・エドワード島に自分のいるべき場所を見出したジェーンに、今も昔も憧れている。本を閉じた後の家族三人が笑いあう余韻を求めて、私は何度でもランタン丘の明かりを目指す。 …続きを読む
    ユメ
    2015年08月14日
    57人がナイス!しています
  • 本屋さんのダイアナを読んで、興味をもって。とっても温かいお話でした。街の大きな家に住む、ジェーン。傲慢な祖母と気弱な母… 家はあまりに楽しくない。そんな中、小さな島、まだ見ぬ父から送られてきた招待状、 本屋さんのダイアナを読んで、興味をもって。とっても温かいお話でした。街の大きな家に住む、ジェーン。傲慢な祖母と気弱な母… 家はあまりに楽しくない。そんな中、小さな島、まだ見ぬ父から送られてきた招待状、ーーそこから人生が変わる。たくさんの自然に囲まれて、友人に囲まれて。健康的に生き生きするジェーンがかわいい。お花の世話をしたり、お料理をしたり。女の子は少しくらいおてんばな方がいい! …続きを読む
    しょこら★
    2015年04月01日
    31人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品