別冊カドカワ 総力特集 佐野元春 カドカワムック

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年12月20日
判型:
A5判
商品形態:
ムック
ページ数:
236
雑誌コード:
6248367
ISBN:
9784048954143

別冊カドカワ 総力特集 佐野元春 カドカワムック

  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年12月20日
判型:
A5判
商品形態:
ムック
ページ数:
236
雑誌コード:
6248367
ISBN:
9784048954143

今年デビュー30周年を迎える佐野元春。“カルチャーとしての音楽”を世に放ち続けてきた彼の足跡を追う。他、WOWOWで1月に公開される堤監督とのコラボ映像「コヨーテ、海」を起点とした豪華対談も!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「別冊カドカワ 総力特集 佐野元春 カドカワムック」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 佐野元春関連の書籍はほとんど読んでるけど、情報量が多く読み応えあり。大瀧詠一さんの寄稿も素晴らしい。 佐野元春関連の書籍はほとんど読んでるけど、情報量が多く読み応えあり。大瀧詠一さんの寄稿も素晴らしい。
    Eiji Mori
    2016年10月30日
    0人がナイス!しています
  • 3/12-13に予定されていた30周年記念ツアーのファイナルが延期されようやく6月に開かれた。あまりに素晴らしいコンサートで、ちょっとタイミングを外してしまったけれど慌てて購入。「佐野元春への30の質 3/12-13に予定されていた30周年記念ツアーのファイナルが延期されようやく6月に開かれた。あまりに素晴らしいコンサートで、ちょっとタイミングを外してしまったけれど慌てて購入。「佐野元春への30の質問」という特集の28番目の質問の答えである曲の詞が引用されているのだけれど、そこを読んでいたときに奇跡のようにiPodからその曲のその詞の部分が流れてきたときには本当にびっくりして震えが走った。こんなことがありうるんだろうか。しかしこの別冊カドカワ、何で必ずとってつけたように第二特集が載ってるんだろう? …続きを読む
    MonoWaTameshi
    2011年07月14日
    0人がナイス!しています
  • 佐野元春を知ろうと思って手に取ったがなかなか読み進められないでいた。この本はある程度彼を知った上で読む事で、2011年までの彼の活動を総括できるのではないかと思う。 特集の最後を飾る佐野元春年表が1番 佐野元春を知ろうと思って手に取ったがなかなか読み進められないでいた。この本はある程度彼を知った上で読む事で、2011年までの彼の活動を総括できるのではないかと思う。 特集の最後を飾る佐野元春年表が1番の見どころだと思う。デビューから2011年に至るまでの作品はもちろん、佐野元春がどういった活動をしてきたのかが事細かく書かれていて当時を知らない僕からすると、この情報量は貴重だ。当然まだまだ知らない事が沢山あるので、今後はこの年表に立ち返りつつ、佐野元春を追いかけていきたい。 …続きを読む
    寺基千里
    2020年03月14日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品