信長革命 「安土幕府」の衝撃

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年12月25日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784047034846

信長革命 「安土幕府」の衝撃

  • 著者 藤田 達生
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年12月25日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784047034846

従来の定説では語られなかった<新・信長政権論>!

〈目次〉
序章 改革者の正体
   なぜ天下統一なのか/時代の覚醒/織田時代を見る目
第1部 軍事革命と海洋国家
第一章 境界から生まれた新時代
(1)都市型領主の系譜
   強国の狭間/長槍隊と兵農分離/銭貨収奪システム/桶狭間の戦い/将軍足利義輝/将軍家再興
(2)成熟する環伊勢海地域
   美濃制覇へ/武篇道の強調/義昭政権と信長権力/将軍を支える一揆/クロスロード/黎明期の海洋国家
第二章 環伊勢海政権の時代
(1)分離から集権への大転換
   将軍位争奪/鉄砲の時代/野戦築城─長篠の戦い─/本格化する付城戦/情報戦の時代/戦争というビジネス/集権化の契機
(2)家臣団と次代の育成
   東洋のバビロン/岐阜城下町/ストイックな青年期/人間味と慈愛/中核家臣団の出自/僧形の側近集団/重臣教育/次代教育/謀反と粛清
(3)公武一統思想
   牢人将軍/洛中洛外図屏風/復古政治/幼君の推戴
第2部 預治思想による天下統一
第三章 東アジア世界の「安土幕府」
(1)「安土幕府」構想
   幕府とはなにか/御内書の使用/二人の将軍/平氏将軍
(2)首都としての安土
   首都プラン/首都建設/琵琶湖城郭網/中心幹線網/運河としての琵琶湖/生野銀山
(3)安土城の読みかた
   行幸計画/遷都構想/二つの顔をもつ城郭/天主の系譜/皇城/天主への道/摩天楼
第四章 革命前夜
(1)預治思想と国づくり
   天下人の戦争/預治政治/国づくり施策/分納分離とはなにか/思想家信長/ 信長改革と秦漢帝国/「郡国制」の導入/織田停戦令/軍法の時代
(2)派閥抗争
   信長野通信簿/地域統一の諸段階/遠交近攻策─信長との同盟─/派閥抗争─反信長勢力との同盟─/政権崩壊の予兆
(3)革命か反革命か
   一門・近習の飛躍/新国家構想/西国大名配置案/将軍推任/六月二日の意味/義昭を奉じる/光秀与同者/信長絶対の時代か
第3部 軍事大国から官僚国家へ
第五章 政権交代
(1)「安土幕府」の再生
   多数派工作/信雄の家督就任/賤ケ岳の戦い/信雄政権の構造
(2)天下分け目の戦い
   大坂遷都・将軍任官構想/戦端を開いた秀吉/本質は家康攻撃/秀吉政権の始期/第六章 偃武の思想
(1)信長革命の継承
   預治思想と鉢植大名/仕置令の発見/平和のための戦争
(2)官僚国家の創出
   「公儀」の軍隊/極東の軍事革命/明君の時代へ/東アジアの幕藩国家
終章 新たな時代像を求めて
   織田時代とは/近代歴史学の軛
むすび
参考文献
織田時代関係略年表

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「信長革命 「安土幕府」の衝撃」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • タイトルの通り信長について書かれた一冊。やはり信長は凄いなと思った。日本史でたった一人改革者を選ぶとしたら信長になると思う。こんな人を憧れても、現代に出てくるのを期待するのも違うような気がするが、信長 タイトルの通り信長について書かれた一冊。やはり信長は凄いなと思った。日本史でたった一人改革者を選ぶとしたら信長になると思う。こんな人を憧れても、現代に出てくるのを期待するのも違うような気がするが、信長が今の世の中を見渡してみたらどう思うのか気になる。 …続きを読む
    mitei
    2015年04月12日
    282人がナイス!しています
  • 信長がそれまでの戦国大名と何が違ったのか?を発掘の成果や資料から示す一冊。足利家による幕府を支える立ち位置から、自らが天下(政権)を取るにいたった思想、経済力、軍事力の変化がよくわかった。特に武士(大 信長がそれまでの戦国大名と何が違ったのか?を発掘の成果や資料から示す一冊。足利家による幕府を支える立ち位置から、自らが天下(政権)を取るにいたった思想、経済力、軍事力の変化がよくわかった。特に武士(大名)と土地を切り離す発想や、太平洋(伊勢湾)と琵琶湖と日本海を海運で結ぶという発想、信長と著者に示されなければ気づきもしなかった。説得力もあり楽しく読みました。 …続きを読む
    hafen3710
    2016年01月26日
    7人がナイス!しています
  • ★★★★☆織田信長がどのような国家感をもって天下統一を目指していったかを解説した本。安土幕府(仮称)として事実上日本を統治していたという部分はとても興味深く読めた。それまでの体制を否定して、強力な中央 ★★★★☆織田信長がどのような国家感をもって天下統一を目指していったかを解説した本。安土幕府(仮称)として事実上日本を統治していたという部分はとても興味深く読めた。それまでの体制を否定して、強力な中央集権体制を敷こうとしていたというのは私もそう思う。また中国の中央集権体制に影響を受けていたというのも頷ける。もっと掘り下げて欲しかったのは、信長を中心とした中央集権体制とした場合、最終的に朝廷(天皇)をどのようにしようと考えていたのか?著者の推論でも構わないので書いて欲しかった。 …続きを読む
    Ryuji
    2015年06月01日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品