風水天戯 巻之一 開け!運命のとびら

第8回 角川ビーンズ小説大賞 大賞

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年11月30日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
258
ISBN:
9784044550318

第8回 角川ビーンズ小説大賞 大賞

風水天戯 巻之一 開け!運命のとびら

  • 著者 望月 もらん
  • イラスト 藤崎 竜
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年11月30日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
258
ISBN:
9784044550318

ついに誕生! 史上初・ビーンズ小説大賞「大賞」受賞作!!

宮廷内で役立たずといじめられる公子・星淑は、助けてくれた宮妃の汚すぎる部屋の掃除に乗り出す。だが、究極の気功術「風水」をお片付け術と勘違いし、羅盤から現れた怪しげな仙人の楊老師に弟子入りしてしまい…!
  • ライトノベルEXPO
    ライトノベルEXPO

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「風水天戯 巻之一 開け!運命のとびら」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ビーンズ小説大賞・大賞受賞作というだけのことはあって面白く読みました。星淑は皇帝の8番目の公子。だがいつも無視されいじめられる彼は、虫の観察を唯一の楽しみとしている。ひょんなことから風水に首を突っ込み ビーンズ小説大賞・大賞受賞作というだけのことはあって面白く読みました。星淑は皇帝の8番目の公子。だがいつも無視されいじめられる彼は、虫の観察を唯一の楽しみとしている。ひょんなことから風水に首を突っ込み、小人のような仙人・揚老子に教えを請うことに。青鳥の羅盤、天の秘術の経典、蟲毒の儀式など盛りだくさん。星淑は幼い頃のように兄弟仲良くしたいのに、政治的な駆け引きや能力差のせいですれ違う兄たち。果たして風水で解決できるでしょうか。癖のありそうな人物の中でも趙子風と韓潤がお気に入り。次は何を仕掛けてくるか楽しみ。 …続きを読む
    キキハル
    2010年12月06日
    27人がナイス!しています
  • 大賞受賞作ということと、表紙が気に入って購入してみました。 サラサラーっと とても読みやすかったです。主役の星淑のことが最初は、少し苦手でしたが、二人の兄を大事に思っているのが よーく伝わってきて、そ 大賞受賞作ということと、表紙が気に入って購入してみました。 サラサラーっと とても読みやすかったです。主役の星淑のことが最初は、少し苦手でしたが、二人の兄を大事に思っているのが よーく伝わってきて、そこからは好感をもって読むことができました。 風水の細かなことは全然わからないですけど、読み終わった後は、窓を開けて空気を入れ替えて、部屋を少し片付けよう!という気になりました。 …続きを読む
    のほほん@灯れ松明の火
    2010年12月06日
    25人がナイス!しています
  • 風水が個人によって対処法も違うということから「西に黄色の物を置くと金運が良くなる」などの巷で手軽に伝えられている風水のイメージが崩れて新鮮でした。口が悪いけれどもいい登場人物たちも実はブラコンの英祥も 風水が個人によって対処法も違うということから「西に黄色の物を置くと金運が良くなる」などの巷で手軽に伝えられている風水のイメージが崩れて新鮮でした。口が悪いけれどもいい登場人物たちも実はブラコンの英祥も面白かったです。兄のいじめにも心情を慮り、受け流せる星淑は間違いなく、何事にものらくりとしている王の子だと思います。ところで漫画の「屍鬼」でも思いましたが藤崎氏のイラストは本当に独特ですね^^ …続きを読む
    藤月はな(灯れ松明の火)
    2011年07月30日
    13人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

中華風ということで、彩雲国物語や「十二国記」のようなものを想像していたのですが、しばらく読むうちに脳内イメージを書き換えました。楽しくって、気づけば読み終わっていました。登場人物たちがそれぞれに色鮮やかで、くるくる踊り舞う紅葉を見てるみたいでとっても楽しい♪(小春月さん)

この作品は全体的に明るい作風で、兄弟の絆について考えさせられました。もともと風水には全くと言っていいほど興味がなく、大賞受賞作品が風水の話だと聞いて話に引き込まれるか不安だったのですが、読みだすと逆に風水への関心が高まり、風水についてもう少し詳しく知りたいと思いました。(はくさん)

あっという間に読み終えてしまいました。キャラクター一人一人が感情豊かで鮮明で物語にスッと入り込んでいきました。天然で能天気な星淑にツッコミたくなったり、かとおもえば、育ちのせいなのか思いやりの心が非常に強く他人のことに一生懸命な星淑を、我が子を思うような気持ちで読んでいる自分がいました。(しいさん)

最近チェックした商品