マリッジロワイヤル

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年03月10日
判型:
A6判
商品形態:
文庫
ページ数:
328
ISBN:
9784048684422

マリッジロワイヤル

  • 著者 日富美 信吾
  • 原作 Navel
  • イラスト 西又 葵
  • イラスト 鈴平 ひろ
  • イラスト 両角 潤香
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年03月10日
判型:
A6判
商品形態:
文庫
ページ数:
328
ISBN:
9784048684422

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「マリッジロワイヤル」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ツンデレが流行り始めた時代。しかし設定に突っ込みを入れたらあかんのではなかろうか。 ツンデレが流行り始めた時代。しかし設定に突っ込みを入れたらあかんのではなかろうか。
    北白川にゃんこ
    2016年01月06日
    1人がナイス!しています
  • 読了。Navelにつられました。G'sの合同企画ってのは読んでみて知りました。色々無理な設定なのはまぁ、この企画のコンセプトだからしょうがない。しかし、12人のうち何人かは「これで県大会突破?」という 読了。Navelにつられました。G'sの合同企画ってのは読んでみて知りました。色々無理な設定なのはまぁ、この企画のコンセプトだからしょうがない。しかし、12人のうち何人かは「これで県大会突破?」という疑問を禁じえない程度の娘として書かれてる。これだと、落選した他県のレヴェルというか立場が・・・。まぁ、これは12の県のうちに入ってない県在住の人間の愚痴ですけどね。あと、全国公募の大会なのに主人公の親類・縁者が多すぎな感がするがまぁこれは著者が原作じゃないから言及すべきではないのかも。私的には面白かった。 …続きを読む
    月滸
    2010年09月16日
    1人がナイス!しています
  • ★★☆☆☆ 流石に設定に無理がありすぎる。厳しい予選をくぐり抜けてきた12人のはずだが、一体どんな予選だったのか?と問い詰めたい。人物紹介の後半の三人に比べてそれ以外がイロモノ過ぎる。しかし、そこに目 ★★☆☆☆ 流石に設定に無理がありすぎる。厳しい予選をくぐり抜けてきた12人のはずだが、一体どんな予選だったのか?と問い詰めたい。人物紹介の後半の三人に比べてそれ以外がイロモノ過ぎる。しかし、そこに目を瞑れば美弥子寄せ過ぎるが意外と健闘している気がしないでもない。 …続きを読む
    nawade
    2010年03月19日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品