角川文庫

警視庁草紙 下 山田風太郎ベストコレクション

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
528
ISBN:
9784041356562
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

警視庁草紙 下 山田風太郎ベストコレクション

  • 著者 山田 風太郎
  • デザイン 片岡 忠彦
  • イラスト 田島 昭宇
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
528
ISBN:
9784041356562

明治小説の代表作

警視庁と元江戸南町奉行所の対決。多彩な人物たちを巻き込んだ怪事件! 華やかな明治の舞台裏に潜む悲哀とは?


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「警視庁草紙 下 山田風太郎ベストコレクション」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ラスト、ついに始まる西南戦争。これを読むためにずっと読んできたのだと思った。清水のジロチョーなど、実在の人物が登場するのは安定ではあるが、現実と虚構が入り交じり、その代表とも言うべきご隠居と川路が戦う ラスト、ついに始まる西南戦争。これを読むためにずっと読んできたのだと思った。清水のジロチョーなど、実在の人物が登場するのは安定ではあるが、現実と虚構が入り交じり、その代表とも言うべきご隠居と川路が戦うのは、ただのオマージュだけではないだろう。もう少し警察小説としての面も楽しみたかったので、そこだけが惜しい。しかし、侍とはなんとも“不器用”な生き物である。彼らは“侍”としての生き方しか知らないのだ。だからこそ、最後の出兵のシーンには切なくなる …続きを読む
    シ也
    2016年04月18日
    45人がナイス!しています
  • 前半、登場人物の多くが妖艶過ぎて面食らい赤面。と思えば、後半は警視庁と元南町奉行様との駆け引きに息を飲む。最後は兵四郎の想いに切なくなり。 前半、登場人物の多くが妖艶過ぎて面食らい赤面。と思えば、後半は警視庁と元南町奉行様との駆け引きに息を飲む。最後は兵四郎の想いに切なくなり。
    くまクマ
    2018年06月12日
    34人がナイス!しています
  • 上巻に比べて、「反乱とテロル」が吹き荒れる明治初頭の殺伐感が強い印象。 元町奉行の卓越した頭脳と人脈で、権力を面食らわせたものの、やはりそこは限界があるというところをしっかり描いた辺りが、解説者の指摘 上巻に比べて、「反乱とテロル」が吹き荒れる明治初頭の殺伐感が強い印象。 元町奉行の卓越した頭脳と人脈で、権力を面食らわせたものの、やはりそこは限界があるというところをしっかり描いた辺りが、解説者の指摘する、著者のリアリストたる部分なのかもしれないと思う。 歴史の狭間に巧みにフィクションを入れ込んでいくという手法により、フィクションなりのリアル感を持たせたということか。 「明治幻灯馬車」という作品と同じく、最後は本当にやり切れない気持ちになる。 敗者の側からの物語ならではの切なさが後を引く作品である。 …続きを読む
    蜻蛉切
    2019年06月14日
    23人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品