花嫁の代償

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年02月27日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
242
ISBN:
9784044550097

花嫁の代償

  • 著者 松幸 かほ
  • イラスト 御園 えりい
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年02月27日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
242
ISBN:
9784044550097

ルビー初登場! 松幸かほ×御園えりいで贈る、魅惑の花嫁ロマンス♪

両親の死後、慎ましやかに生きてきた仁希がある日連れて行かれた場所は、母親の実家という大豪邸だった。ここで祖父と対面した仁希だが、祖父は病気の後遺症で仁希の母と自分を混同し、勝手に婚約者を用意していて?

メディアミックス情報

NEWS

「花嫁の代償」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 最後まで読んでも、タイトルの意味がよく分からずじまいでした。また、作中で何度も仁希は流される人ではないと出てくるのにも違和感が…。思いっきり流され受の、アホの子受ですよね…。流れに乗っかって、葛城と結 最後まで読んでも、タイトルの意味がよく分からずじまいでした。また、作中で何度も仁希は流される人ではないと出てくるのにも違和感が…。思いっきり流され受の、アホの子受ですよね…。流れに乗っかって、葛城と結ばれ、危険人物のもとにわざわざ単身乗り込んでいく(2回も)仁希のどの辺がしっかり自分を持った子なのか最後まで謎のままでした。葛城の執着っぷりがもっと前面に出てくれたほうが楽しかったかもしれないです…。GPSを使って、日々仁希の行動を追跡してそう(笑) …続きを読む
    Cheeky
    2017年10月09日
    5人がナイス!しています
  • なかなか良かった。 ストーリーとしては、王道。 葛城さんがイイ人で良かった! なかなか良かった。 ストーリーとしては、王道。 葛城さんがイイ人で良かった!
    2016年12月09日
    3人がナイス!しています
  • 再読 再読
    おかめいんこ
    2014年12月09日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品