鍵開けキリエと封緘師 モラトリアム・ミッドサマー

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年05月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
308
ISBN:
9784829135204

鍵開けキリエと封緘師 モラトリアム・ミッドサマー

  • 著者 池田 朝佳
  • イラスト さんば挿
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年05月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
308
ISBN:
9784829135204

禁断の監獄砦の最奥で、美しき《大統領》は何を隠しているのか?

美しき《大統領》に封緘術を学ぶようになったキリエは、自問自答を繰り返していた。――なぜ自分はこんなにも「開けたい」んだ? そして訪れる来訪者たち。厳重に閉ざされたはずの歴史の扉が、開いていく……

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「鍵開けキリエと封緘師 モラトリアム・ミッドサマー」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「鍵を開けてどうするんだ?」 ある意味、キリエの悩みって、ものすごく根本的なところのような……。ただ、「モラトリアム」とあるように、そういう悩みというのは誰もが経験をするのかも。特に周囲が動けば。そん 「鍵を開けてどうするんだ?」 ある意味、キリエの悩みって、ものすごく根本的なところのような……。ただ、「モラトリアム」とあるように、そういう悩みというのは誰もが経験をするのかも。特に周囲が動けば。そんな中で、大統領を巡って話が動き出すなど、繋ぎの巻として十分に機能しているように感じた。ただ、次巻で完結とのことで、それだと分量的にも、と思う。それらを含め、どうまとめるのかに注目したい。 …続きを読む
    たこやき
    2011年06月02日
    4人がナイス!しています
  • なんというかライトノベルの童話を読んでいるみたいだ。ミミズクとはまた違った感じがして少し不思議に感じる。★★★★ なんというかライトノベルの童話を読んでいるみたいだ。ミミズクとはまた違った感じがして少し不思議に感じる。★★★★
    SHI-NO
    2010年05月21日
    2人がナイス!しています
  • 一巻よりも主役が主役らしい活躍をしているが、やはり、情緒欠陥の脇役っぽい部分はそのまま。異常性癖を前面に押し出すならそろそろそうなった理由を説明して欲しい。 一巻よりも主役が主役らしい活躍をしているが、やはり、情緒欠陥の脇役っぽい部分はそのまま。異常性癖を前面に押し出すならそろそろそうなった理由を説明して欲しい。
    radish
    2010年08月16日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品