試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年12月19日
判型:
B6変形判
商品形態:
コミック
ページ数:
196
ISBN:
9784047153493

喰霊 (11)

  • 著者 瀬川 はじめ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年12月19日
判型:
B6変形判
商品形態:
コミック
ページ数:
196
ISBN:
9784047153493

“白き巫女”と“黒き巫女”との決戦前夜。

“土地神”を名乗る男の出現により、全ての記憶を取り戻した神楽。さらに、黄泉の復活は、自らの願望の具現化であったことを知る。そして人類の危機、“滅亡プラン”とは──!?

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「喰霊 (11)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • マジどうやって終わらすんだ。 マジどうやって終わらすんだ。
    しましまこ
    2017年07月15日
    14人がナイス!しています
  • クライマックス直前。白と黒,陰と陽の対立。世界が変わる。いろいろな意味でマイケルさんが一番の問題児かもしれない・・・。 クライマックス直前。白と黒,陰と陽の対立。世界が変わる。いろいろな意味でマイケルさんが一番の問題児かもしれない・・・。
    ヤギ郎
    2018年07月29日
    7人がナイス!しています
  • 飯綱と静流が出てきて、黄泉と飯綱の再会。黄泉が飯綱を意識してて、可愛い。話が本当に大きくなったけど、剣輔には最後まで神楽に寄り添って頑張ってほしい。 飯綱と静流が出てきて、黄泉と飯綱の再会。黄泉が飯綱を意識してて、可愛い。話が本当に大きくなったけど、剣輔には最後まで神楽に寄り添って頑張ってほしい。
    梅みかん
    2017年09月17日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品