白と黒のバイレ 黒き、呪いの舞台にて

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年03月31日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784044497187

白と黒のバイレ 黒き、呪いの舞台にて

  • 著者 瑞山 いつき
  • イラスト 結川 カズノ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年03月31日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784044497187

運命と踊るネオ・ゴシックファンタジー、第2弾!

奪われた≪魔王≫の体を探すため、旅を続けていたブランカ姫一行。そこに、妹レオノーラ姫が病で倒れたとの報が入る。だがそれは、婚約者のブランカを取り戻そうとする王太子・ロベルトの策略で…!?

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「白と黒のバイレ 黒き、呪いの舞台にて」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ブランカとセロの色々にドキドキ・キュンキュンしました!でも何と言ってもレオノーラ。彼女のブランカに対する複雑な思い。分かる。今まで良い子でいた反動が出た感じ。気持ちが分かるだけに今後彼女がどういう道に ブランカとセロの色々にドキドキ・キュンキュンしました!でも何と言ってもレオノーラ。彼女のブランカに対する複雑な思い。分かる。今まで良い子でいた反動が出た感じ。気持ちが分かるだけに今後彼女がどういう道に進むのか不安。それにしてもマルディシオン良い! …続きを読む
    みぃー
    2013年04月01日
    11人がナイス!しています
  • 2巻目もブランカとセロの主従関係にせつなくもきゅんとしました。妹姫のレオノーラは誰かから自分だけを必要とされたい気持ちがわかるから憎むに憎めないし、幸せになって欲しい。そして、最強の侍女リリアナの婚約 2巻目もブランカとセロの主従関係にせつなくもきゅんとしました。妹姫のレオノーラは誰かから自分だけを必要とされたい気持ちがわかるから憎むに憎めないし、幸せになって欲しい。そして、最強の侍女リリアナの婚約者トマスが登場。こちらのカップルの冷めきっていながらも、時々想いがにじむ感じも良いですね。マルディシオンはかわいすぎると思うんです。魔王というよりもペットにしかもう見えない(笑)新たなる敵ペルドゥラルとの戦いや恋の行方が気になります! …続きを読む
    かや
    2014年07月09日
    9人がナイス!しています
  • ブランカの代わりに輿入れすることになった妹姫レオノーラ。夫となるロベルトは彼女に「婚礼を待ってほしい」と告げる…。思わずレオノーラに同調したくなるのはどうしたものか。うじうじしたでもでもだっては嫌いで ブランカの代わりに輿入れすることになった妹姫レオノーラ。夫となるロベルトは彼女に「婚礼を待ってほしい」と告げる…。思わずレオノーラに同調したくなるのはどうしたものか。うじうじしたでもでもだっては嫌いですが、こういう弱さのある悪役は嫌いじゃない。ブランカの妹ではない、姉姫の代わりではない、自分を必要としてくれるなら捕食対象でも構わないとは凄まじいじゃありませんか。さて、見事に体を乗っ取られたおまぬけ魔王はどうなるのか。箍が外れた感じの番犬は。最強侍女はとその婚約者は?続きが楽しみです。 …続きを読む
    なつき
    2014年06月25日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品