勾玉花伝 巫女姫様とぼたんの迷宮

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年09月30日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784044402129

勾玉花伝 巫女姫様とぼたんの迷宮

  • 著者 めぐみ 和季
  • イラスト 明咲 トウル
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年09月30日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784044402129

半人前巫女、男装して“竜ノ一族”の長のもとに潜入ミッション!?

和親に向けて動きはじめた邪馬だったが、香久耶は人質として竜の里に滞在することに。しかし、那見彦が(勝手に)香久耶に化けて里へ行ってしまう。怒った香久耶は男装して竜の里に忍び込もうとするけれど!?

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「勾玉花伝 巫女姫様とぼたんの迷宮」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 八咫さん、いい人だよねぇ。作者は女装とか男装とか好きなのかしら。意外とよく男装、女装してキャラが登場してくるけど。 八咫さん、いい人だよねぇ。作者は女装とか男装とか好きなのかしら。意外とよく男装、女装してキャラが登場してくるけど。
    シュウ
    2015年09月18日
    3人がナイス!しています
  • 前巻の内容を忘れてしまったので再読。女装、男装ありのとても多彩な巻でした。温泉モノのお約束も踏破し、楽しかったです。新キャラクターも素敵ですね。その分、朱皇の存在が薄く感じられましたが(汗)物語も終盤 前巻の内容を忘れてしまったので再読。女装、男装ありのとても多彩な巻でした。温泉モノのお約束も踏破し、楽しかったです。新キャラクターも素敵ですね。その分、朱皇の存在が薄く感じられましたが(汗)物語も終盤なんですね。このまま勢いに乗って最後まで読みたいところです。 …続きを読む
    紅羽
    2013年01月07日
    2人がナイス!しています
  • なんだか敵のような人たちがどんどん良い人だったり、かわいそうだったりで憎めない人が多くなってきてる気がする。敵キャラが味方になるというパターンのシリーズかな?? なんだか敵のような人たちがどんどん良い人だったり、かわいそうだったりで憎めない人が多くなってきてる気がする。敵キャラが味方になるというパターンのシリーズかな??
    セディ
    2011年09月14日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品