Zの悲劇

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784042507178

Zの悲劇

  • 著者 エラリー・クイーン
  • 訳者 越前 敏弥
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784042507178

ペイシェンス、登場! レーンとのコンビで冴える名推理!

黒い噂のある上院議員が刺殺され刑務所を出所したばかりの男に死刑判決が下されるが、彼は無実を訴える。サム元警視の娘で鋭い推理の冴えを見せるペイシェンスとレーンは、真犯人をあげることができるのか?

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「Zの悲劇」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 改めて読むと、一作ごとにレーンの変化が激しい。ラストの推理に関しては綺麗に纏まっており、読みごたえはあるが、私自身が左利きという事もあって、利き腕を根拠に構築する推理に懐疑的なので、イマイチ乗れないと 改めて読むと、一作ごとにレーンの変化が激しい。ラストの推理に関しては綺麗に纏まっており、読みごたえはあるが、私自身が左利きという事もあって、利き腕を根拠に構築する推理に懐疑的なので、イマイチ乗れないというのが正直なところ(私は普段、左腕に腕時計をするし、利き足に関してもサッカーボールは右足で蹴っていた)。作品のノリが冒険小説風でもあり、先の二作品が格式高い本格系であった事がこの作品にとっては悲劇。レーンの行動は怪しさ満点なので、そこをもっと強調した作品に仕上げて欲しかったという、身勝手な要求をしたくなる。 …続きを読む
    W-G
    2016年09月23日
    298人がナイス!しています
  • ★★★★☆ クイーンの悲劇シリーズ3作目。 あのレーンが老いてしまっているのが悲しい。 その分、若く魅力的なペイシェンス嬢が主役として活躍するのだが、やや危なっかしい上に推理力も物足りない。 ま ★★★★☆ クイーンの悲劇シリーズ3作目。 あのレーンが老いてしまっているのが悲しい。 その分、若く魅力的なペイシェンス嬢が主役として活躍するのだが、やや危なっかしい上に推理力も物足りない。 まぁ、前の2作が名作過ぎるので物足りなく感じるものの、本格推理に活劇と恋愛の要素を加えてエンタメ色を強めているのは好印象。 それに論理の極致ともいえる緻密な推理が語られる種明かしシーンは鳥肌もの。 ただ動機が陳腐なんだよなぁ…そのためなのか、あまり記憶に残らない作品となってしまっているのが残念。 …続きを読む
    Kircheis
    2019年09月30日
    145人がナイス!しています
  • この作者の作品は相性良くないと思っていたけど、X、Yが面白かったのでこちらの本も手に取った。結果はうーん・・。Xの幾十にも張られた伏線や、Yの犯人とその動機に対する衝撃などのワクワク感が最後までみられ この作者の作品は相性良くないと思っていたけど、X、Yが面白かったのでこちらの本も手に取った。結果はうーん・・。Xの幾十にも張られた伏線や、Yの犯人とその動機に対する衝撃などのワクワク感が最後までみられなくて、どうしても小粒感が拭えなかった。でも法月輪太郎さんの解説で紹介していた1932年度に出版された四長編(XYギリシアエジプト)は読んでみようかな。 …続きを読む
    aoringo
    2020年02月01日
    76人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品