ソード・ワールド2.0リプレイ 拳と魔封の物語(2)

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年10月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
308
ISBN:
9784829145661

ソード・ワールド2.0リプレイ 拳と魔封の物語(2)

  • 著者 諸星 崇
  • 著者 グループSNE
  • 監修 北沢 慶
  • イラスト 森沢 晴行
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年10月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
308
ISBN:
9784829145661

謎の人物「赤薔薇と白百合のミレス」を探しにエイベルの旅は続く!

エイベルが手に入れたログナーの魔剣が新たな謎を呼ぶ! 殺害されたベネットが口にした「レイノルズ」、魔剣の記録から得た「赤薔薇と白百合のミレス」とは――!? 話題のソード・ワールド2.0リプレイ第2巻登

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ソード・ワールド2.0リプレイ 拳と魔封の物語(2)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 話の展開は好きだし、面白いとも思う。けれども、PCに獅子身中の虫が居るというのがどうにもモヤモヤ。いや、いくつか伏線あるのは解ったけれども。とりあえず、次で完結かな? 話の展開は好きだし、面白いとも思う。けれども、PCに獅子身中の虫が居るというのがどうにもモヤモヤ。いや、いくつか伏線あるのは解ったけれども。とりあえず、次で完結かな?
    t.asuka
    2009年11月23日
    1人がナイス!しています
  • 自分の感想読み直してこのパーティにはプリーストいなかったんだなあ、ということに気づいた。どうも陰謀的な部分が重視されすぎて肝心の戦闘の面白さが足りないような。つまらなくはないが秋田みやびのリプレイほど 自分の感想読み直してこのパーティにはプリーストいなかったんだなあ、ということに気づいた。どうも陰謀的な部分が重視されすぎて肝心の戦闘の面白さが足りないような。つまらなくはないが秋田みやびのリプレイほど肌には馴染んでくれない感じ。 …続きを読む
    葵堂
    2009年11月03日
    1人がナイス!しています
  • SW2.0の初期作品だけに、いろんな地方を回って地方解説もしていくというスタイルだったんでしょうが、内容はかなり駆け足で、巻末の解説を読まないと、その地方がどんな感じなのかはわかりませんでした。大量の SW2.0の初期作品だけに、いろんな地方を回って地方解説もしていくというスタイルだったんでしょうが、内容はかなり駆け足で、巻末の解説を読まないと、その地方がどんな感じなのかはわかりませんでした。大量のサプリが出る前の作品なので、ルールの確認はしやすいです。 …続きを読む
    マコト
    2017年05月21日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品