角川つばさ文庫

ぼくらの七日間戦争

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年03月03日
判型:
新書判
商品形態:
文庫
ページ数:
392
ISBN:
9784046310033
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川つばさ文庫

ぼくらの七日間戦争

  • 著者 宗田 理
  • イラスト はしもと しん
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年03月03日
判型:
新書判
商品形態:
文庫
ページ数:
392
ISBN:
9784046310033

1年2組の男子全員が消えた!?「ぼくら」シリーズの大ベストセラー!!

東京下町の中学1年2組の男子生徒が廃工場に立てこもり、子ども対大人の戦いがはじまった! 女子生徒たちとの奇想天外な大作戦に、本当の誘拐事件で、大人たちは大混乱。息もつかせぬ大傑作コミカル・ミステリー!


メディアミックス情報

NEWS

「ぼくらの七日間戦争」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 発見角川】子供の頃に読んでいたら共感したかもしれない。たとえ解放区を作ったとしても、誘拐事件があったら、解散しようという意見があった。すぐに解散で意見を纏めたと思う。物語は無難な展開で、安心して読み進 発見角川】子供の頃に読んでいたら共感したかもしれない。たとえ解放区を作ったとしても、誘拐事件があったら、解散しようという意見があった。すぐに解散で意見を纏めたと思う。物語は無難な展開で、安心して読み進めることができた。違和感だけは残った。物事の重みは、子供でも分かる事のような気がする。 …続きを読む
    kaizen@名古屋de朝活読書会
    2015年07月13日
    133人がナイス!しています
  • 有名だけど読んだ記憶ない?体罰当然、スケ番など確かに時代の古さは感じるが、自分の理想を押し付け、子供の正直な言い分に「話にならない、もう帰りましょ」と言う母親に全く共感が持てず理解不能。校長を始め、生 有名だけど読んだ記憶ない?体罰当然、スケ番など確かに時代の古さは感じるが、自分の理想を押し付け、子供の正直な言い分に「話にならない、もう帰りましょ」と言う母親に全く共感が持てず理解不能。校長を始め、生徒を物として捉える大人に辟易。西脇先生に対する酒井の無茶苦茶な要求、今じゃありえない暴言の数々。読んでて腹立つわ〜。そりゃ子供たちが解放に向けて立ち上がりたくなるね。だけどきっと子供の頃に読んでいたら夢を抱き、勇気がもらえ、西脇先生や瀬川さんなど信頼のできる大人の存在に安堵し、本の中で楽しい体験ができたハズ。 …続きを読む
    りゅう☆
    2016年07月10日
    89人がナイス!しています
  • 2015年936冊め。小学生頃に読んだ記憶はあるが、当時は児童書が好きではなく入り込めなくて読み流しただけだったと思う。今となっては「子どもたちが周囲の大人たちに反旗を翻し籠城」という設定は評価する。 2015年936冊め。小学生頃に読んだ記憶はあるが、当時は児童書が好きではなく入り込めなくて読み流しただけだったと思う。今となっては「子どもたちが周囲の大人たちに反旗を翻し籠城」という設定は評価する。しかし何か契機となる事件があったわけでもなく、日頃のうっ憤はあったにせよ「夏休みになったら一週間立てこもろう」と、昨今でいうプチ家出的なノリだったのが惜しい。作中では子どもたちの味方のように描かれている養護教諭の西脇先生も、大人目線だとちょっとズレている人と思ってしまう。もう少し瀬川老人が活躍したらよかった。 …続きを読む
    扉のこちら側
    2015年08月05日
    64人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品