瑠璃の風に花は流れる 第1巻

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年09月24日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
180
ISBN:
9784048542326

瑠璃の風に花は流れる 第1巻

  • 著者 由貴 海里
  • 原作 槇 ありさ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年09月24日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
180
ISBN:
9784048542326

定められた運命に抗うべく孤独な戦いが幕を開ける!

「ずっと前からお前は俺のものだった」自国を滅ぼした国に復讐するため、敵国の王太子妃になる決意をした緋奈…。しかし敵のはずの芦琉に惹かれる気持ちを止めることができず…。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「瑠璃の風に花は流れる 第1巻」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • この人の絵は微妙だ… 文章が読めない人にはこっちがいいかもしれないけど、やはり文字のほうがいいわ。 この人の絵は微妙だ… 文章が読めない人にはこっちがいいかもしれないけど、やはり文字のほうがいいわ。
    あかる
    2008年11月29日
    1人がナイス!しています
  • はいはいどうせお互いバカップルになるんでしょ。もう既に緋奈とか芦琉へのフラグ立ちかけてるしさ。ラノベは面白いのか知らないけど、コミカライズする程の物なのかが疑問 はいはいどうせお互いバカップルになるんでしょ。もう既に緋奈とか芦琉へのフラグ立ちかけてるしさ。ラノベは面白いのか知らないけど、コミカライズする程の物なのかが疑問
    蝶野悠架
    2013年11月24日
    0人がナイス!しています
  • 自国を滅ぼされた緋奈姫は復讐のため敵国の王太子・芦琉の妃になることを決意し敵国黒嶺にやって来た。芦琉の考え方、民の様子から黒嶺が悪いのではないことを知るが、幼い頃からの付き人である深波から父である国王 自国を滅ぼされた緋奈姫は復讐のため敵国の王太子・芦琉の妃になることを決意し敵国黒嶺にやって来た。芦琉の考え方、民の様子から黒嶺が悪いのではないことを知るが、幼い頃からの付き人である深波から父である国王と弟が黒嶺に殺されたと聞き・・・・ ううーん彩雲国のコミック版がすごーく好きだったので拍子抜け。由貴さんは由羅さんの彩雲国を意識しているのかな?なんか中途半端にキャラの魅力が足りない感がいなめない。せめて緋奈がもう少し可愛ければ・・・話は好きなんだけどなー惜しい! …続きを読む
    たれぞ~
    2013年05月19日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品