夢見る水の王国 下

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年05月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
432
ISBN:
9784048739511

夢見る水の王国 下

  • 著者 寮 美千子
  • イラスト 米増 由香
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年05月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
432
ISBN:
9784048739511

金原瑞人&東雅夫絶賛! 泉鏡花文学賞作家が描く、ファンタジーの決定版!

マコとミコに分裂してしまったマミコ。名前を奪われ記憶を失ったミコは、マコを追跡して“幻の島”に渡る。ミコは、島の老鉱夫から、島が外輪山の堤防に守られた、海抜より低い土地であることを知らされ……。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「夢見る水の王国 下」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 最後は盛り上がりにかけるかな、という感じです。けれど、表現は詩的で素敵です。その言葉の端々から、幻想的な世界に誘われます。黒と白のコントラストも美しい。全体的に、物語りというよりは、詩集を読んでいるよ 最後は盛り上がりにかけるかな、という感じです。けれど、表現は詩的で素敵です。その言葉の端々から、幻想的な世界に誘われます。黒と白のコントラストも美しい。全体的に、物語りというよりは、詩集を読んでいるような印象でした。ちょっと飛んだ表現も多いので、作者様の意図を読み取るには再読が必要かもしれません。 …続きを読む
    菜花@ほのおかくとう協会門下生
    2014年03月05日
    17人がナイス!しています
  • ああ、面白かった…!繊細な詩をいくつも数珠つなぎにしたような構成に独特の魅力を感じました。蜃気楼の島と現実世界とが微妙に呼応しながら、物語は水面にひろがる波紋のようにいつしか大きな輪となって、とてつも ああ、面白かった…!繊細な詩をいくつも数珠つなぎにしたような構成に独特の魅力を感じました。蜃気楼の島と現実世界とが微妙に呼応しながら、物語は水面にひろがる波紋のようにいつしか大きな輪となって、とてつもなく美しい風景を見せてくれます。この物語に、出会えて良かった。 …続きを読む
    2010年03月28日
    7人がナイス!しています
  • 下巻ではオッドアイの黒猫の魂、ヌバタマが大活躍。いいなあヌバタマ。で、どうして読んでいて大変かっていうと、いつまでたっても迷宮を抜け出せない感じがするから。いろんな幻が次から次へとやってきても、ミコ、 下巻ではオッドアイの黒猫の魂、ヌバタマが大活躍。いいなあヌバタマ。で、どうして読んでいて大変かっていうと、いつまでたっても迷宮を抜け出せない感じがするから。いろんな幻が次から次へとやってきても、ミコ、マコの心情の変化があんまり見られない。ただ『世界の果てに行く』っていう目的だけはあって……。ミコとマコ、ふたりが元の万美子に戻る、その結末は分かるんだけど、そこに至るまでの変化が読みとりにくかったかなという印象。上下巻とも通して、アイディアや描写はとてもよかった。 …続きを読む
    二藍
    2013年08月03日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品