七つの人形の恋物語

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年08月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784042404040

七つの人形の恋物語

  • 著者 ポール・ギャリコ
  • 訳者 矢川 澄子
  • イラスト 金子 國義
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年08月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784042404040

ギャリコ×矢川澄子 幻の名篇がついに。

虚と実、仮面と素顔とが人形芝居の舞台の内と外で演じられる、キャプテン・コックとムーシュの波乱に富んだ愛の物語『七つの人形の恋物語』。代表作『スノーグース』も収録、ギャリコファン必携の一冊。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「七つの人形の恋物語」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • パリで夢破れ、セーヌ川に身を投げようとした孤独な少女ムーシュ。彼女は七つの人形に出会い、人形芝居の座長キャプテン・コックらと巡業を共にすることに。虚構と現実の世界、絶望と回復を繰り返す日々。人形を操る パリで夢破れ、セーヌ川に身を投げようとした孤独な少女ムーシュ。彼女は七つの人形に出会い、人形芝居の座長キャプテン・コックらと巡業を共にすることに。虚構と現実の世界、絶望と回復を繰り返す日々。人形を操るコックは冷酷で荒々しい人物ですが、彼が生命を吹き込む人形は個性に富み、思いやりがあるので複雑な気持ちになります。無邪気さや純真さ、愛情と憎しみ、心の変容。「悪は善なしでは生きられないんだよ。」悪夢からさめるように安らぎを得るラストシーンに降り注ぐ真実の愛。名作『スノーグース』も収録。 …続きを読む
    アン
    2020年04月18日
    106人がナイス!しています
  • ロマンティック。でも甘くはない。孤独な少女ムーシュは、言葉を話す七つの人形と出合い、座長のキャップテン・コックと共に人形劇の旅をすることに。純真で汚れを知らぬムーシュと、冷酷で乱暴なキャプテン。普段は ロマンティック。でも甘くはない。孤独な少女ムーシュは、言葉を話す七つの人形と出合い、座長のキャップテン・コックと共に人形劇の旅をすることに。純真で汚れを知らぬムーシュと、冷酷で乱暴なキャプテン。普段は辛く当たるが、人形という存在を通すと自分の本音を出せる男の屈折した愛。そんな男の哀しみを感じ取り、優しく癒すムーシュ。結局は彼女の魅力的に尽きる。ギャリコの卓越した想像力。でもラストはいかにも男性作家だなぁと。ムーシュと人形たちとのやりとりが微笑ましくて好き。 …続きを読む
    はる
    2020年05月27日
    62人がナイス!しています
  • ムーシュ・・やせっぽちで身体はボロボロ。パリの貧民窟から出てきたとなるとイメージは溢れる。中年の男と薄汚れた少女の夢物語と言えなくもない。だけど、どうだろう~湧き上がる物語の豊饒さ。挿絵が次々と現れる ムーシュ・・やせっぽちで身体はボロボロ。パリの貧民窟から出てきたとなるとイメージは溢れる。中年の男と薄汚れた少女の夢物語と言えなくもない。だけど、どうだろう~湧き上がる物語の豊饒さ。挿絵が次々と現れる上に、人工的な美しさを持つ絵でないのが嬉しい。。ストリップ小屋での人形劇というからには子供向きじゃなく、大人の童話というべきだろうけれど、幾つになっても、その人の生きざまで夢を見られそう。ニンジンさん、ペンギン、かまととのジジ。。。少女は昼も夜も男に支配されるわけだからDV と言えなくもない。 …続きを読む
    キムチ27
    2019年02月19日
    59人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品