海底二万海里 (上)

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年06月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784042022107

海底二万海里 (上)

  • 著者 ヴェルヌ
  • 訳者 花輪 莞爾
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年06月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784042022107

スリルと感動に満ちた海洋冒険小説の傑作!

世界の海で、未知の巨大生物が何度も目撃されていた。巨大な鯨か、それとも一角獣か!? 謎の怪物を仕留めようとアロナクス教授も船に乗り込むが、怪物の襲撃を受け海に放り出されてしまう――。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「海底二万海里 (上)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 森見作品にたびたび登場して気になっていた。翻訳された文章なのに、森見作品に調子が似ていて(会話部分に至っては笑ってしまうほど酷似)おかげで違和感なく読めた。森見作品のルーツに触れたみたいで嬉しかった。 森見作品にたびたび登場して気になっていた。翻訳された文章なのに、森見作品に調子が似ていて(会話部分に至っては笑ってしまうほど酷似)おかげで違和感なく読めた。森見作品のルーツに触れたみたいで嬉しかった。四畳半で樋口師匠がノーチラス号の現在地を辿りながら読んでいた場面が印象的だったが、多分誰もがそうしたくなると思う。子供時代に読んでいたら森見さんのようにきっと心を捕らえて話さない本になっていただろう。100年以上前の作品とは思えないのはさすが名作。 …続きを読む
    miho
    2010年11月05日
    13人がナイス!しています
  • 夢中になって読みふけりました。TDSで同名アトラクションに乗ったのがきっかけ。情景描写が素晴らしく、自分も海のなかにいるみたいでした。 主要人物がかなり少ないにも関わらず、ここまでのボリュームを飽きさ 夢中になって読みふけりました。TDSで同名アトラクションに乗ったのがきっかけ。情景描写が素晴らしく、自分も海のなかにいるみたいでした。 主要人物がかなり少ないにも関わらず、ここまでのボリュームを飽きさせなく読ませる表現力には脱帽です。 続きが気になって仕方がないので、早速下巻を読み始めます! …続きを読む
    りゅ-すけ@読書の秋、本番。
    2013年05月24日
    10人がナイス!しています
  • 1866年に海である巨大なもののの存在が報告される。そのもののせいで船乗りだけではなく世界までもが混乱に陥る。物語の主人公であるアロナクス教授は、使用人コンセーユと共に、この巨大なものを見つけ出す航海 1866年に海である巨大なもののの存在が報告される。そのもののせいで船乗りだけではなく世界までもが混乱に陥る。物語の主人公であるアロナクス教授は、使用人コンセーユと共に、この巨大なものを見つけ出す航海に躍り出る。しかし、一角鯨と思われていたこのものの正体は、実は巨大な潜水艦だったのだ。最初思い描いていた展開とは早々に異なり、上巻が終わった後でも下巻がどのように展開しどのように終わりを迎えるのか全く読めないでいる。海底への夢とロマンが詰まっている作品だし、これを機に海へ興味を持った者も少なくないだろう。 …続きを読む
    2019年10月24日
    7人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品