角川文庫

およね平吉時穴道行

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年06月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041375341

角川文庫

およね平吉時穴道行

  • 著者 半村 良
  • デザイン 片岡 忠彦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年06月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041375341

二百年をへだてた恋の行方は……? 傑作タイムスリップ短編!

山東京伝マニアの私は、ひょんなことから古日記を入手、そこには京伝の妹およねへの恋心が綴られており、彼女が神隠しにあったと綴られていた。確かに、史実ではおよねは突然病死したとされているのだが……。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「およね平吉時穴道行」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 半村良のデビュー作「収穫」を収録した短編集。その「収穫」と表題作、そして「虚空の男」が面白かったです。この時代の角川文庫は半村良をはじめ、眉村卓、山田正紀、都筑道夫、矢野徹といった作家の本が次々発売さ 半村良のデビュー作「収穫」を収録した短編集。その「収穫」と表題作、そして「虚空の男」が面白かったです。この時代の角川文庫は半村良をはじめ、眉村卓、山田正紀、都筑道夫、矢野徹といった作家の本が次々発売されていたが、あの時ちょっと無理してでもマメに買っておけば良かったと、今になって後悔させられております・・・。 …続きを読む
    アーチャー
    2013年04月26日
    11人がナイス!しています
  • 初期短編集。SF全盛の時代。 若い頃読んだときは、大人の小説だなあ、と思った。 今は若い感性だなあ、と思う。 初期短編集。SF全盛の時代。 若い頃読んだときは、大人の小説だなあ、と思った。 今は若い感性だなあ、と思う。
    グラスホッパー
    2019年06月19日
    4人がナイス!しています
  • 初読から二五年以上経過。今読み返すとデビュー作『収穫』に、その後の作品に共通する大きな存在に翻弄される市井の人というテーマが内包されていると気付く。『妖星伝』や『平家伝説』はより直接的に。大学の同級生 初読から二五年以上経過。今読み返すとデビュー作『収穫』に、その後の作品に共通する大きな存在に翻弄される市井の人というテーマが内包されていると気付く。『妖星伝』や『平家伝説』はより直接的に。大学の同級生の林くんも、僕にプログレッシブ・ロックを薦めるために、大いなる意志に導かれ生を受けたのかもしれない。 …続きを読む
    松田望
    2013年06月05日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品