角川文庫

髑髏検校

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年06月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
496
ISBN:
9784043555062

角川文庫

髑髏検校

  • 著者 横溝 正史
  • デザイン 片岡 忠彦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年06月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
496
ISBN:
9784043555062

古典的名作「ドラキュラ」を下敷きにした、横溝初期の妖怪時代小説

江戸時代。豊漁ににぎわう房州白浜で、一頭の鯨の腹からフラスコに入った長い書状が出てきた。これこそ、後に江戸中を恐怖のどん底に陥れた、あの怪事件の前触れであった……横溝初期のあやかし時代小説!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「髑髏検校」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ★★★☆☆ あの「ドラキュラ」を江戸を舞台にしてやってしまおう的な怪奇ホラーに仕上がっている一作。違和感なく、かつ著者独自の色も出した上でまとめているのは流石の一言。ミステリではない上、人は死ぬもの ★★★☆☆ あの「ドラキュラ」を江戸を舞台にしてやってしまおう的な怪奇ホラーに仕上がっている一作。違和感なく、かつ著者独自の色も出した上でまとめているのは流石の一言。ミステリではない上、人は死ぬものの謎解き要素はない。不知火検校の正体が明かされる最後の文章は著者のサービス精神を感じさせる。併録の「神変稲妻車」は話がのらりくらりとあっちにいったりこっちにいったりの繰り返しでダラダラと長いだけのストーリーにつまらなさしか感じなかった。「髑髏検校」は正史の異色作として読むに値する一作だった。 …続きを読む
    そうたそ@吉
    2018年02月22日
    28人がナイス!しています
  • 時は文化八年 元旦、外房州は白浜で捕えられた巨鯨の中から発見された手紙入りの瓶‥ そこには世にもおぞましき離島での出来事が記されていたのだが、それがのちに江戸を震撼させる災厄になろうとは「髑髏検校」。 時は文化八年 元旦、外房州は白浜で捕えられた巨鯨の中から発見された手紙入りの瓶‥ そこには世にもおぞましき離島での出来事が記されていたのだが、それがのちに江戸を震撼させる災厄になろうとは「髑髏検校」。たかが笛 されど笛‥ 元々溝があった二つの一族の関係性はある名笛を巡る出来事をキッカケに完全に崩壊し、それと同時に雨後の筍の如く次々と現れる能力者達を交えた怒涛のスペクタクル笛争奪戦へと発展してゆく「神変稲妻車」という二篇が愉しめる横溝版怪奇幻想譚。。「神変稲妻車」は何でもアリな所がイイです(◦¯ ˘ ¯◦) …続きを読む
    Yu。
    2019年01月29日
    24人がナイス!しています
  • 髑髏検校のみ読了。意外と短かった。鯨の腹から瓶詰めの手紙が発見される出だしがキャッチー。ドラキュラの翻案ものとしてよく出来ていて面白いけど、もっと面白くなってきたぞ!って所で終わっちゃった感じがする。 髑髏検校のみ読了。意外と短かった。鯨の腹から瓶詰めの手紙が発見される出だしがキャッチー。ドラキュラの翻案ものとしてよく出来ていて面白いけど、もっと面白くなってきたぞ!って所で終わっちゃった感じがする。原作より美形率がアップ。正体が正体だものね。歴史好きではないけどこの正体には嬉しくなりました。 …続きを読む
    めがねまる
    2017年08月07日
    22人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品