ジュリエット 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2007年07月01日
商品形態:
電子書籍

ジュリエット

  • 区分表記なし 伊島 りすと
発売日:
2007年07月01日
商品形態:
電子書籍

南の島を訪れた家族が目撃した“魂抜け”の儀式とは……。ホラー小説の領域を広げた“日本ホラー小説大賞受賞作”

娘と息子を連れ、亡妻との思い出の地である南の島を訪れた小泉健次。彼は、その島にある建設途中のゴルフ場の管理の仕事をすることになっていた。ある日、健次は息子にせがまれて採った貝を貝殻にしようと浜に出ると、出会った老人から“魂抜け”という言葉を聞く。貝から中身が落ちるところは決して見てはいけないのだそうだ。だが、親子三人はその瞬間を偶然目撃してしまう。その日を境に彼らの周りで不思議な出来事が起こり始めた……。第八回日本ホラー小説大賞受賞作。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「ジュリエット」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 勝手に残暑ホラー8:第八回日本ホラー小説大賞。『蘇る』ホラーと言えば、ハリウッド・スプラッタ系ゾンビ、サンゲリアなのかな、もしそうなら、もういいです。お腹一杯です。間に合ってますんで。と、読み進める。 勝手に残暑ホラー8:第八回日本ホラー小説大賞。『蘇る』ホラーと言えば、ハリウッド・スプラッタ系ゾンビ、サンゲリアなのかな、もしそうなら、もういいです。お腹一杯です。間に合ってますんで。と、読み進める。南の島、青い海、水字貝。え!ホラーなのに楽園なの??マークを頭に乗せて、水字貝:魂抜け:思い出に・・・ほほぉー。俄然ホラー・メーターが振れてきそうな予感。物語は、エンターテイメント性が高く、充分に面白く、ラストへの緊張感バクバク。影の主人公である水字貝の件をアピールして欲しかったかな。 続 …続きを読む
    イタリアンでこちん
    2009年09月09日
    8人がナイス!しています
  • 死者が思い出となって蘇えり、責め苛まれるという和製『ソラリス』、舞台も南の島で「海」つながり。島にある貝や植物をつかって日本的な怖さを静かに演出する筆力や、死者との関係を通して少年少女の成長や家族のつ 死者が思い出となって蘇えり、責め苛まれるという和製『ソラリス』、舞台も南の島で「海」つながり。島にある貝や植物をつかって日本的な怖さを静かに演出する筆力や、死者との関係を通して少年少女の成長や家族のつながりへと話を運ぶ端正さと、安心して薦められる良作です。 …続きを読む
    ネムル
    2009年06月21日
    7人がナイス!しています
  • 不思議な話で後味が悪いような作品ではなかった。ただ恐怖感を楽しみたいと思って手に取るとも物足りない作品だと思う。 不思議な話で後味が悪いような作品ではなかった。ただ恐怖感を楽しみたいと思って手に取るとも物足りない作品だと思う。
    ボトム
    2020年09月19日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品