.hack//黄昏の碑文 II

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年08月30日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
260
ISBN:
9784044199104

.hack//黄昏の碑文 II

  • 著者 川崎 美羽
  • イラスト 椎名 麻子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年08月30日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
260
ISBN:
9784044199104

ついに夕暮れ竜が、真の力をみせる!

叔父ハロルドのPCから脱出できなくなった少女ララ。数々の出会いと別れの中で、彼女の中で何かが氷塊しようとしていた。「この世界を変えたい」。脱出か、変革か。彼女のとった選択は!?

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「.hack//黄昏の碑文 II」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ゲームを知らないので、何ともなのですが、カバーイラストのイメージに近い作品。 ゲームを知らないので、何ともなのですが、カバーイラストのイメージに近い作品。
    konkon
    2014年09月03日
    5人がナイス!しています
  • .hack//シリーズに出てくる黄昏の碑文の世界を基にしたゲームでちび魔女サヤことララが仲間たちと世界を救う為に夕暮れ竜を探す旅に出る。話の後編です。 The Wouldができる前の話だからここからま .hack//シリーズに出てくる黄昏の碑文の世界を基にしたゲームでちび魔女サヤことララが仲間たちと世界を救う為に夕暮れ竜を探す旅に出る。話の後編です。 The Wouldができる前の話だからここからまた事件が起こっていくと思うと複雑な心境になりました。 ハロルド叔父さんはいなくなっちゃうし…ララは仲間ともう会えないし…波の脅威はなくなったからいいのかな?でも飲まれたところは虚無のままだし…読解力の無さからよくわからなかったのでハッピーエンドでもないような…? 旅のメンバーのその後とかもみたいなーと思いまし …続きを読む
    あるつ
    2017年04月05日
    0人がナイス!しています
  • 下巻にて、終巻。ララを中心とした冒険は魔法が不自由に使えないから困難ばかりだったが、冒険らしいといえば冒険らしい展開で進んで行った。世界にログインしてからの初めて会ったヴェスパとの別れはかなり応え、記 下巻にて、終巻。ララを中心とした冒険は魔法が不自由に使えないから困難ばかりだったが、冒険らしいといえば冒険らしい展開で進んで行った。世界にログインしてからの初めて会ったヴェスパとの別れはかなり応え、記憶を失い自分が誰かわからなくなる恐怖と共に、ララはサヤとして世界の真実に辿り着く。壮大な物語、.hack//の発端となる黄昏の碑文の結末とは?紡ぐのはこれからかもしれない。 …続きを読む
    くーぱんこんょみbot
    2013年02月25日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品