試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2007年11月26日
判型:
B6変形判
商品形態:
コミック
ページ数:
257
ISBN:
9784757737914

累 巻之弐

  • 著者 田邊 剛
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2007年11月26日
判型:
B6変形判
商品形態:
コミック
ページ数:
257
ISBN:
9784757737914

怪談噺の白眉、戦慄のクライマックス!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「累 巻之弐」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ジャパニーズホラーの本質を見ました。湿度の高い、粘りがつよい「恨み」の恐ろしさ。私は一度、沸点を越えた怒りを覚えたら、永遠に対象を嫌い、憎み、排除しようとする醜い性格をしているのですが、これを読んだら ジャパニーズホラーの本質を見ました。湿度の高い、粘りがつよい「恨み」の恐ろしさ。私は一度、沸点を越えた怒りを覚えたら、永遠に対象を嫌い、憎み、排除しようとする醜い性格をしているのですが、これを読んだら日本人の古典なんだと、都合よく納得しました。私の性格は恨みがまし。ちゅうのが分かりました。 …続きを読む
    Kavi
    2014年05月14日
    2人がナイス!しています
  • 二度目。女がひとりで生きづらい時代。一人で生計をたてたら、男に狙われ、女に妬まれ。養子にでたらコキ使われて。働き手として使われるのに、その価値を評価されない。恐ろしい時代やわ。 二度目。女がひとりで生きづらい時代。一人で生計をたてたら、男に狙われ、女に妬まれ。養子にでたらコキ使われて。働き手として使われるのに、その価値を評価されない。恐ろしい時代やわ。
    Kavi
    2015年05月18日
    0人がナイス!しています
  • あれ、これからどうなるの? あれ、これからどうなるの?
    labyrinth
    2014年12月31日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品