ジャッジ ~島の裁判官奮闘記~

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2007年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784043871018

ジャッジ ~島の裁判官奮闘記~

  • 脚本 中園 健司
  • ノベライズ 蒔田 陽平
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2007年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784043871018

島に一人しかいない裁判官は民事も刑事も担当する。NHK土曜ドラマ小説版

裁判員制度施行まであと一年余り。いま、法廷の傍聴が静かなブームだという。南の島に大阪事は、島のあらゆる事件をジャッジし、争いを終えること。家族、島の人々との関わりの中で奮闘する若き裁判官の人間ドラマ。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ジャッジ ~島の裁判官奮闘記~」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 分かり易く、読み易いストーリー。現実には、こうはいかない。事実は一つなのに、それを第三者に判断させる難しさ、不公平さ。でも、それは事実を公平に判断するためのシステム。既に、矛盾する。「片方聞いて、沙汰 分かり易く、読み易いストーリー。現実には、こうはいかない。事実は一つなのに、それを第三者に判断させる難しさ、不公平さ。でも、それは事実を公平に判断するためのシステム。既に、矛盾する。「片方聞いて、沙汰するな」都会の生活も素晴らしいよって内容の本はないのかな。便利で快適な都会の生活は、人本来の生活ではないのかね。これも、また、不思議。 …続きを読む
    Nak34
    2013年03月25日
    21人がナイス!しています
  • ドラマのノベライズ本で、南の島の裁判所に転勤になった裁判官のお話。島の人達との温かい交流や人を裁くことの難しさなどが、分かり易く書かれていました。読後感のとても良い作品でした。ドラマも見てみたかった・ ドラマのノベライズ本で、南の島の裁判所に転勤になった裁判官のお話。島の人達との温かい交流や人を裁くことの難しさなどが、分かり易く書かれていました。読後感のとても良い作品でした。ドラマも見てみたかった・・。 …続きを読む
    sarie
    2015年07月09日
    4人がナイス!しています
  • 島の料理が美味しそうだった。島の時間がゆったり流れてて、裁判所の事務所迄もがゆったりなのは如何なモノで? 島の料理が美味しそうだった。島の時間がゆったり流れてて、裁判所の事務所迄もがゆったりなのは如何なモノで?
    青葉麒麟
    2011年06月15日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品