神の手の提言 ――日本医療に必要な改革

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年03月09日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
200
ISBN:
9784047101708

神の手の提言 ――日本医療に必要な改革

  • 著者 福島 孝徳
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年03月09日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
200
ISBN:
9784047101708

神の手・福島が、日本医療の問題点に鋭いメスを入れる!

”すべては患者さんのために”をモットーに世界中で活躍し、日本でも”神の手”として数々のメディアに登場する脳外科医・福島氏が、日本医療の数々の問題点に鋭く斬り込む!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「神の手の提言 ――日本医療に必要な改革」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 21世紀になっても白い巨塔は存在しているとのこと。著者によれば「真っ黒けの巨塔」。無能な医師、人の育たないシステムの医学部、そして改革する気のない厚労省と、なぜ悪いものはいつもみんな三点セットなんだろ 21世紀になっても白い巨塔は存在しているとのこと。著者によれば「真っ黒けの巨塔」。無能な医師、人の育たないシステムの医学部、そして改革する気のない厚労省と、なぜ悪いものはいつもみんな三点セットなんだろうか。出来る限り病院には行かないぞという気持ちが強くなった。世界と日本の医療システムの違いを知ることは日本国民にとっても大事なのは間違いないけれど、随所で自分の自慢話を挿入するのはどうなんでしょうか。せっかくの提言に余計なものがついたせいで、著者に対してあまり良い印象が残らず …続きを読む
    ZEPPELIN
    2015年09月13日
    6人がナイス!しています
  • 日本の医療費は非常に安い。それは一見すると患者にとってはありがたい事のように見える。しかし、受診料が安いということは、医者の賃金も安いということである。そして、それ以上に問題になるのは最先端の医療機器 日本の医療費は非常に安い。それは一見すると患者にとってはありがたい事のように見える。しかし、受診料が安いということは、医者の賃金も安いということである。そして、それ以上に問題になるのは最先端の医療機器が手に入らないことである。 …続きを読む
    Humbaba
    2010年03月07日
    2人がナイス!しています
  • ある意味別世界の医療界ではあるが、筆者の熱い思いがひしひしと感じられ、かつわかりやすい文章で書かれているので一気に読めた。医療には確かにさまざまな問題点がある。 ある意味別世界の医療界ではあるが、筆者の熱い思いがひしひしと感じられ、かつわかりやすい文章で書かれているので一気に読めた。医療には確かにさまざまな問題点がある。
    nekomitsu
    2010年01月24日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品