アイドルマスター1 やすらぎの旋律

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2006年01月30日
判型:
その他
商品形態:
文庫
ISBN:
9784757726062

アイドルマスター1 やすらぎの旋律

  • 著者 斎藤 ゆうすけ
  • イラスト オイコ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2006年01月30日
判型:
その他
商品形態:
文庫
ISBN:
9784757726062

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「アイドルマスター1 やすらぎの旋律」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • アイマスの公式メディアミックス作品としては数少ない小説作品であり、時期的にはまだアーケード時代に出た作品になる。我ながらよく手に入ったと思う。自分がアイマスを知ったのはこれより更に後になるので今とはア アイマスの公式メディアミックス作品としては数少ない小説作品であり、時期的にはまだアーケード時代に出た作品になる。我ながらよく手に入ったと思う。自分がアイマスを知ったのはこれより更に後になるので今とはアイドルたちの性格や関係性が違って違和感を覚える所もあるが、そこもまた個性として楽しめる。特にこの時点でオリジナルのPを複数登場させている設定はなかなかに興味深い。まだ世界観が固まっていなかっただろう故の淡白さは感じるが今に繋がる所も確かに感じて、ここから今の巨大コンテンツに至るまで道程に感慨深さを感じる一冊。 …続きを読む
    八千
    2019年04月26日
    3人がナイス!しています
  • あっさり読めて面白かった。話としては予想通りな感じ。二次創作として楽しんだ← あっさり読めて面白かった。話としては予想通りな感じ。二次創作として楽しんだ←
    椎名光琳
    2012年12月27日
    0人がナイス!しています
  • アーケード時代のノベライズ。キャラ紹介の中に美希が入っていないのはやっぱり違和感。名前のあるプロデューサーが出てくるけど違和感はなかった。千早が「律子」「春香」と呼び捨てするようになるエピソードは、妄 アーケード時代のノベライズ。キャラ紹介の中に美希が入っていないのはやっぱり違和感。名前のあるプロデューサーが出てくるけど違和感はなかった。千早が「律子」「春香」と呼び捨てするようになるエピソードは、妄想力の足りない私にとってありがたかった。 …続きを読む
    ごまお
    2012年03月29日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品