弥次喜多 in DEEP 廉価版 2

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2005年03月25日
判型:
その他
商品形態:
コミック
ISBN:
9784757722170

弥次喜多 in DEEP 廉価版 2

  • 著者 しりあがり 寿
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2005年03月25日
判型:
その他
商品形態:
コミック
ISBN:
9784757722170

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「弥次喜多 in DEEP 廉価版 2」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 蜃気楼のお伊勢さんすごいw 弥次さん喜多さんは無限の中に生きてるんですね。しかし最後はきっついなー。。。 蜃気楼のお伊勢さんすごいw 弥次さん喜多さんは無限の中に生きてるんですね。しかし最後はきっついなー。。。
    yk
    2017年09月07日
    3人がナイス!しています
  • ラストの幸の話から本編へ。二巻はまだ平和で穏やかです。インフルエンザの話がくだらなくて好き。毛ドウフが凄く気になる弥次さんの気持ちが半端なく分かる。 ラストの幸の話から本編へ。二巻はまだ平和で穏やかです。インフルエンザの話がくだらなくて好き。毛ドウフが凄く気になる弥次さんの気持ちが半端なく分かる。
    merin
    2015年01月29日
    3人がナイス!しています
  • ラストの幸の話から本編へ。ここから命の大切さ、命の扱い方や温め方がシュールに描かれていく。二巻はまだ平和で穏やかです。インフルエンザの話がくだらなくて好き。 ラストの幸の話から本編へ。ここから命の大切さ、命の扱い方や温め方がシュールに描かれていく。二巻はまだ平和で穏やかです。インフルエンザの話がくだらなくて好き。
    merin
    2015年01月29日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品