ぼくトンちゃん

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2002年12月24日
判型:
その他
商品形態:
コミック
ISBN:
9784757712492

ぼくトンちゃん

  • 著者 いましろ たかし
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2002年12月24日
判型:
その他
商品形態:
コミック
ISBN:
9784757712492

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ぼくトンちゃん」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • トンちゃん可愛い。アイディアが面白い。ラストはなんだか深い。 脱サラした40歳の弟子である主人公「牛山」が新しく弟子になった生後6ヶ月の熊のトンちゃんと出会うとこから始まる。 牛山が唯一使える一見役に トンちゃん可愛い。アイディアが面白い。ラストはなんだか深い。 脱サラした40歳の弟子である主人公「牛山」が新しく弟子になった生後6ヶ月の熊のトンちゃんと出会うとこから始まる。 牛山が唯一使える一見役に立たない「豆を自在に出す術」を応用した強敵と戦うところに面白さがあったり、 ラストの体は壊れボロボロになった牛山がそれでも敵に立ち向かう姿に胸が詰まる。 牛山が師匠に「術を授るのは当分見合わせる」といわれてショックを受け、トンちゃんに辛く当たるシーンは絶品。リアルでかわいそうで可愛くて何度も見ちゃう。 …続きを読む
    さとさとし
    2016年11月05日
    2人がナイス!しています
  • 仙人の修行をする男とクマという変な話。いつものいましろたかしと違う毛色の作品。なんでこんなもの書いたんだろう。 仙人の修行をする男とクマという変な話。いつものいましろたかしと違う毛色の作品。なんでこんなもの書いたんだろう。
    koishikawa85
    2015年03月21日
    0人がナイス!しています
  • すごいものを読んでしまった。 すごいものを読んでしまった。
    何曜日
    2011年09月26日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品