ソード・ワールド・ノベル ダークエルフの口づけII

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2007年02月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
340
ISBN:
9784829119020

ソード・ワールド・ノベル ダークエルフの口づけII

  • 著者 川人 忠明
  • イラスト 椎名 優
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2007年02月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
340
ISBN:
9784829119020

冷たいダークエルフ・ベラの暗黒の物語、好評第二弾!

ララサベル公爵家の長女クララに招待され、ベラとその部下アマデオは公爵領へ向かう。それはアマデオにとって故郷への帰還でもあった。一方、ベラの前にある人物が現れる。出会うはずのない人物と出会ったベラは……

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ソード・ワールド・ノベル ダークエルフの口づけII」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 再読。陰謀、策略が張り巡らされた中で、アマデオとエビータの純粋さが、ささやかな救いなのかな。アマデオの村が滅ぼされ、元凶となった人物は生きたまま。これが、何かの始まりだとしたら、最後に待ち構えているの 再読。陰謀、策略が張り巡らされた中で、アマデオとエビータの純粋さが、ささやかな救いなのかな。アマデオの村が滅ぼされ、元凶となった人物は生きたまま。これが、何かの始まりだとしたら、最後に待ち構えているのは、絶望しか残されてないんじゃ…。 …続きを読む
    陸抗
    2015年02月07日
    2人がナイス!しています
  • こういう策略が張り巡らされた話は大好物。登場人物が増え続けるが、よく書き分けてあって混同することなく読み終えた。 こういう策略が張り巡らされた話は大好物。登場人物が増え続けるが、よく書き分けてあって混同することなく読み終えた。
    てんぱい
    2014年12月02日
    2人がナイス!しています
  • 二巻目はひたすら悲しみを強いる話だった。どいつもこいつも野心、策略、陰謀ありまくりで心が暗くなる。アマデオは一巻目以上に青臭く、叫んだり謝ってばかり。しかも強くないし囚われてばかりで少しイライラする。 二巻目はひたすら悲しみを強いる話だった。どいつもこいつも野心、策略、陰謀ありまくりで心が暗くなる。アマデオは一巻目以上に青臭く、叫んだり謝ってばかり。しかも強くないし囚われてばかりで少しイライラする。それでも今回の仕打ちはあまりに酷だ。ウリエラの一生も悲しすぎる。元凶のカマラサも生き残ったままだし、果たして村の仇は討てるのか。アマデオの成長があまり感じられないのも辛い。エビータの純粋さだけが唯一の光だ。事態は大きくなっていくようだがあと二巻でちゃんと終わるのか不安だ。 …続きを読む
    れぎおむ
    2014年07月20日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品