試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784043465033

禍記

  • 著者 田中 啓文
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784043465033

日本の風土に潜む恐怖の真髄を描破した伝奇ホラー短編!

オカルト雑誌の新米編集者・恭子は、伝奇ホラーの大家・待田から「禍記」という古代最古の書物の存在を聞かされる。恭子はその書物にひかれてゆき・・・。民間伝承を題材に歴史の闇に葬られた恐怖を紡いだ連作短編。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「禍記」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 読友さんの感想を読んで面白そうだったので。 『真ク・リトル・リトル神話大系01』に収録されてるHenry Kuttner氏のHydraば彷彿させる『黄泉津鳥舟』の亡者の群れが恐ろしすぎる。。世界最大の 読友さんの感想を読んで面白そうだったので。 『真ク・リトル・リトル神話大系01』に収録されてるHenry Kuttner氏のHydraば彷彿させる『黄泉津鳥舟』の亡者の群れが恐ろしすぎる。。世界最大の蝶の最大開長は28cm、蛾だと日本の与那国蚕で30cm。1mもあるangelのような「天使蝶」。怖い目>声ば良くするためにナメクジば生で食う歌手……ホンマっすか!?!?そしてナメクジ生食でeyeball wormが寄生って……嘘でしょ!?盲執の獣>enfant terrible。毛未。「changeling」 …続きを読む
    グレ
    2016年05月05日
    41人がナイス!しています
  • これまでに読んだ田中さんの作品の中で一番好きです。『オニマル』シリーズも好きなんですが、本書の方がより伝奇的な内容が濃くてど真ん中でした。収録された短編は、民俗学などについての丁寧な取材が伺え、どの作 これまでに読んだ田中さんの作品の中で一番好きです。『オニマル』シリーズも好きなんですが、本書の方がより伝奇的な内容が濃くてど真ん中でした。収録された短編は、民俗学などについての丁寧な取材が伺え、どの作品も甲乙つけ難い面白さ。それぞれが独立した短編ではあるのですが、ラストで全てが繋がる仕掛けになっています。汚らしさとおぞましさ全開のラストはさすが田中さんです。伝奇小説が好きな人なら存分に楽しめると思いますが、相変わらず悪臭が漂ってきそうな表現が多いので、苦手な人は要注意です。そのうち慣れますけど(笑) …続きを読む
    雨音@灯れ松明の火
    2014年10月25日
    36人がナイス!しています
  • 田中啓文が描く伝記ホラーだから一筋縄ではないと勘繰る。タブーとされている『禍記』という謎の古書の存在を暴こうとするストーリーを軸に摩訶不思議な話の短編集で構成されている。神話や民間伝承を基に作られ、 田中啓文が描く伝記ホラーだから一筋縄ではないと勘繰る。タブーとされている『禍記』という謎の古書の存在を暴こうとするストーリーを軸に摩訶不思議な話の短編集で構成されている。神話や民間伝承を基に作られ、予想外にエログロ駄洒落が抑えられていたので身構えて読むが、よくよく考えればバカバカしい設定にやっぱり田中啓文だとほくそ笑む。読み易く、それなりに質の高いホラーで非常に楽しめた。あとがきの著者による伝記モノについての解説は田中色満載。ラスト1行で伝家の宝刀炸裂(笑)☆3.5 …続きを読む
    アメマ
    2016年06月08日
    30人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品